よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「Johnnyさん」と「Dannyさん」@「TIKI BAR TOKYO」

「Johnnyさん」と「Dannyさん」@「TIKI BAR TOKYO」

DSCN9234.jpg

1969年、渋谷区神南の自宅の一角にフランス料理「Chez Johnny」を開店したジャニーこと春田光治さん。
内臓料理やフランスと縁の深いモロッコ料理・ベトナム料理など、当時日本初登場の料理は評判を呼んだ。
開店15年が経過した1985年、舌より頭で料理を食べる客が増えたことに嫌気して大繁盛の店を閉め、翌年、安比高原のペンション街の一角に100坪の住まいを造り移住した。以後10年間はスキー、渓流の岩魚釣り、冬の狩猟など趣味の世界に遊ぶ。
1997年、友人達の望みでゲストルームを改装して『シェ・ジャニー』を再開。
更に、2015年7月に盛岡市材木町に移転し話題となった。
パイオニアであるが、常に新たなことに挑戦し続けている。

伝説のバーテンダーと言われるデニーこと愛川 誠次郎さん。
僕は8月に来店し2度目の出会いだが、デニーさんの伝記とも言える『東京の夜は世界でいちばん美しい -』(倉石綾子/著)によれば、
1976年に5年に渡るアメリカ放浪の旅から戻り、原宿のレストランバーでドレッドヘアでカウンターに立ち、両手でシェイカーを振る姿は異彩を放った。
70年代から80年代にかけて麻布や六本木などのナイトシーン話題を呼んだ。
ハーレーなどのバイクにも興味を持ちアメリカのスタージスに2ヶ月のロードトリップで参加し、現地のバイカーにも認められた。
傍ら、梅リキュール「星子」の開発に携わり、今年はアメリカで販売するまでこぎつけた。

業界では知られた存在かもしれないが、一般的に知る人は少ない。
パイオニアであり、トップランナーであり続ける本物同士。

新たなことに常に挑戦している。

お互いを知らない本物同士が、出遭った現場に立ち会えたことは、僕にとって嬉しかった。

DSCN9231.jpg

デニーさん。

DSCN9230.jpg


ジャニーさん夫妻。

星子

「星子2016ヌーヴォー」ミスト。

1カクテル

モヒート。

2カクテル

マティニー、

でジャニーと新丸ビル

かなり酩酊した顔ですね。

何枚かの写真はイチさん撮影。

DSCN9226.jpg

素晴らしい時間でした。
  1. 2016/11/20(日) 23:00:43|
  2. シェ・ジャニー 春田光治さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「KENPOKU ART 2016」 備忘録・其の壱 | ホーム | 川﨑忠夫 陶展  @水戸市白梅「桃花堂」>>

コメント

東京

 お陰様で楽しい経験をしました。
ご馳走様でした。
そして有難うございます。



  1. 2016/11/22(火) 16:38:52 |
  2. URL |
  3. Johnny #-
  4. [ 編集]

愉しい時間でした。

ジャニーさん、イチさん。
貴重な時間を有り難う御座いました。
料理とバーと世界は異なりますが、パイオニアで、フロントランナーであり続けるお二人の出会いに立ち会えたことは嬉し事でした。
ジャニーの求道者とも思えるほどの料理に対する情熱に対しいつも尊敬しています。
水戸では今日は11月としては30年振りという初雪が降りました。
12月はお忙しいでしょう、御身体大切に。
  1. 2016/11/24(木) 22:50:21 |
  2. URL |
  3. よーちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2487-9382c448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する