よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター @ひたちなか市中根

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター @ひたちなか市中根

DSCN8927.jpg


「Tabi-ぶら」の「那珂川の献上鮭と海浜鉄道に乗って」は勝田駅~阿字ヶ浦駅を結ぶ「ひたちなか海浜鉄道」に乗車し、幾つかの駅で途中下車し沿線の名所を訪ね歩いた。

中根駅で下車し、壁画で有名な「虎塚古墳」の秋季公開に向かった。
見学者が多いから、厳重な分厚いガラス窓越しの玄室をじっくり観る時間は少ない。


隣接の「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター」には原寸大の模型が設置されているから、現物を観たうえで見ると良く理解できる。

調査センターには「ひたちなか市」の各地から出土した考古遺物が展示されているから、考古遺物大好きの私にとって見飽きることが無い。

DSCN8925.jpg


茨城県は「縄文土器」の宝庫で、縄文時代中期の遺跡が多い。

DSCN8924.jpg

縄文土器の中でも優れた造形の「阿玉台式」縄文土器。
僕の好きな形だ、

DSCN8918.jpg

「十王台式」と呼ばれる弥生式土器は茨城県中部から北部にかけて出土する。
薄手で繊細な文様は優美で、弥生人の素晴らしい感性を伺える。

縄文と弥生の極端とも思える違いは何故なのか?

DSCN8923.jpg

古墳時代にかけての須恵器。
地元で焼かれたものもあれば、はるかに遠い渥美・知多半島より運ばれた須恵器も出土する。既に幅広い交易ルートが形成されていた証。

DSCN8919.jpg

古墳時代の「埴輪」円筒埴輪・人物埴輪

DSCN8920.jpg

馬型は大きく優美。
ひたちなか市から東海村にかけては素晴らしい埴輪工房があった。

DSCN8922.jpg

乳飲み子を抱く婦人、可愛らしい像だ。

DSCN8916.jpg


動物の骨の加工品、釣針や道具など。

DSCN8915.jpg


鹿の角を加工した道具も利用した。
多くの鹿やイノシシなどが身の回りに居た。

茨城・常陸の国が如何に恵まれた土地であったかを証明している。

「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター」は入館無料。
里山散策に出かけるには絶好の場所だ。


  1. 2016/11/11(金) 18:07:45|
  2. 資料館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポエム1DAY SHOP☆@ひたちなか市稲田937 | ホーム | 「にしよしみ絵画展」@ギャラリー加古 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2482-4d17564a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する