よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

ひたちなか海浜鉄道@茨城県ひたちなか市

ひたちなか海浜鉄道@茨城県ひたちなか市

DSCN8944.jpg


「Tabi-ぶら」の「那珂川の献上鮭と海浜鉄道に乗って」は幾つかの新たな体験が出来た。
勝田駅~阿字ヶ浦駅の間10駅14.3kmを結ぶ「ひたちなか海浜鉄道」に乗車し、幾つかの駅で途中下車をして散策し、機関区も見学できたことは貴重な出来事だった。

「ひたちなか海浜鉄道」は旧茨城交通の湊線で1913年(大正2年)の開業。
既に百年を経過している。
2008(平成20)年、 ひたちなか市と茨城交通株式会社が共同出資する第3セクとして新たにスタートをした。

新会社発足に際し、社長には、公募により吉田千秋氏が就任した。
吉田氏は富山県高岡市の3セク鉄道会社「万葉線」を成功させた実力者。

就任以来、サービスの向上や通学定期の値引き、ダイヤ改正、タイアップなどの経営努力の甲斐が実り、黒字化目前までになりながら、2011(平成23)の東日本大震災により大きく後退した。
しかし、新たな施策を打って、震災前の水準への回復を目指し健闘中だ。

DSCN8895.jpg


勝田駅のホームの幅は驚くほど狭い。
僕が高校生の頃の湊線は水戸駅からも発着していた。(昭和38年頃までのようだ)
【湊線1日フリー切符】大人…900円を購入。

DSCN8894.jpg

各駅の「駅名標」は、各駅の名物や特徴を示したイラストが駅の漢字の中に隠れている。(高校生がデザインしたとも聞いたが、真偽のほどは知らない)


DSCN8900.jpg

中根駅で吉田千秋社長が合流、挨拶を戴いた。

DSCN8932.jpg

那珂湊駅の駅名標。

DSCN8972.jpg

DSCN8967.jpg


那珂湊駅には「機関区」があり、修理やオーバーホールも行う。
説明や同行してくれた野村社員。
鉄道が好きで受験したら合格したらしいが、普通は鉄道が好きは有利とはいえない、とか。

ひたちなか海浜鉄道の車両は全国で活躍していた中古車両が多い。

DSCN8973.jpg

「キハ205」昭和40年帝国車両で製造された車両。

DSCN8964.jpg


運転席のレバーは2本だが、現在は1本らしい。

DSCN8969.jpg

旅の会主宰の山本哲士さん、数日前が誕生日だった。
サプライズで着けられたヘッドマーク。
こんなサプライズもしてくれるが、これを装着しての走行は不可。

DSCN8944.jpg

「関東の駅百選」にも選ばれた「那珂湊」の木造駅舎は築100年。
手入れが行き届いているので、古さを感じない。
  1. 2016/11/04(金) 18:03:21|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸路上観察学会@水戸芸術館 | ホーム | 夤賓閣跡(いひんかくあと)の黒松@ひたちなか市湊中央>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2479-fa6a8b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する