よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

夤賓閣跡(いひんかくあと)の黒松@ひたちなか市湊中央

夤賓閣跡(いひんかくあと)の黒松@ひたちなか市湊中央

DSCN8954.jpg

DSCN8953.jpg

DSCN8958.jpg


10月30日に開催された《【Tabi-ぶら】那珂川の献上鮭と海浜鉄道にのって》に参加した。
【Tabi-ぶら】は主宰の山本 哲士さんの人柄にあいまって、素晴らしい方が集う。
今回で3回目の参加であったが、新たな人達との出会いもあった。

勝田駅から「ひたちなか海浜鉄道」に乗り途中下車しながら阿字ヶ浦駅へ。
阿字ヶ浦海岸の大倉屋で“那珂川の鮭”を味わう企画。


この会の良さは、集合時間を含め日程などが程よいゆるさ。
途中からの参加や退出も可能で、自分の都合の良い時間帯だけ、なんていうことも出来る。
更には自由時間が多く、自分なりの楽しみ方が出来る。


那珂湊駅で約1時間の散策時間。
戴いた観光協会の地図をもとに歴史散歩。


山上門(さんじょうもん)


DSCN8946.jpg

水戸藩小石川屋邸(東京都文京区)に設けられた勅使奉迎用の門。
門の形式は薬医門で、昭和11年に当地に移築された。


反射炉跡(はんしゃろあと)

DSCN8948.jpg


江戸時代末期は那珂湊沖などに異国船が出没するようになったため、水戸藩第9代藩主徳川斉昭は国防の必要性を強く唱え、大砲を鋳造。
安政4年(1857)に造られた鉄を溶解する炉で、オランダの技術に学んで2基建設されたが、元治元年(1864)の騒乱で破壊された。
昭和12年に形だけだが、復元された。


水戸藩別邸・夤賓閣跡(いひんかくあと)の黒松。

1698(元禄11)年に徳川光圀により建てられた水戸藩別邸跡。

歴代の藩主も訪れ、宴席や詩歌の会が催されたが、地理的にも防衛の要、城塞としての機能もあった。

1864(元治元)年に騒乱で焼失、現在は湊公園として親しまれている。

DSCN8955.jpg

DSCN8956.jpg

DSCN8957.jpg


須磨明石から取り寄せた黒松が12本残っていて、わずかに往時の姿を偲べる。
今回、初めて見ることが出来たが、樹齢300年を越えた幹や枝ぶりは見事なものだ。

  1. 2016/11/03(木) 21:23:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひたちなか海浜鉄道@茨城県ひたちなか市 | ホーム | 原高史《鯨ケ丘のピンクの窓》@茨城県北芸術祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2478-5319c48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する