よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 

クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 
日本=アメリカ合衆国 1984-91 @水戸芸術館現代美術ギャラリー
2016年10月1日~ 2016年12月4日


DSCN8123.jpg


『景観を変貌させる大規模なプロジェクトで世界的に有名なニューヨーク在住のアーティスト、クリストとジャンヌ=クロード(Christo、1935年生まれ/Jeanne-Claude 、1935年生まれ 2009年没)が、1991年秋に米カリフォルニア州南部と茨城県北部で実施した「アンブレラ」のドキュメンテーション展を開催します。
この“一時的なアート作品”では、カリフォルニアの丘陵地帯に1,760本の黄色の傘を、茨城県の水田地帯に1,340本の青色の傘を同時に配置させました。一本の傘の大きさは高さ6メートル、直径約8.7メートルという巨大なもの。

18日間の会期中に日本で50万人、アメリカで200万人が鑑賞しました。本展では、クリストによるドローイングやコラージュ作品、写真、傘本体ほか、実際に使用された資材、スケールモデルなどを展示し、1991年の「アンブレラ」を振り返ります。』(水戸芸術館HPより)


DSCN8126.jpg

1991年秋、日本での開催地は常陸太田市から旧里美村にかけての里川沿いで実施された。
日本の原風景とも言える里山に沿って流れる里川。
川べり、或いは川の中に建てられた1340本の青色の傘。
人工的な建造物によって、只通り過ぎるだけの風景を改めて観る機会でもあった。
都合3回くらい出かけた記憶はあるが、いずれも車中から眺めるだけで、時には停車もしたが、傘の周りまで歩くことはなかった。

DSCN8119.jpg

DSCN8121.jpg


DSCN8120.jpg

今回、会場で各種の記録的な写真や、地権者との交渉経過や役所への書類など。
膨大な資料を見ると、大プロジェクトであったことが良く理解できた。

DSCN8137.jpg


里川のジオラマ、設置した傘の場所も同じところ。
綿密に設計されている。

DSCN8124.jpg

傘を立てるための土台とした鉄骨はかなり大きい。

DSCN8135.jpg

使用した傘の現物、
鉄製で6メートル以上もあり、数人でなければ移動できない。

DSCN8139.jpg

カリフォルニアの丘陵地帯のジオラマ。

DSCN8145.jpg


パイプオルガンの設置されているロビーの2階でドキュメンタリーの上映。
台風が来襲、傘を窄めたり、寝かせたり。
息詰まるようなドキュメント。
カリフォルニアと日本のやり取りを交互に映している。
このドラマは必見。

既に25年を経過しているから、観た体験をお持ちの方は少ないかもしれないが是非ご覧になり、開催中の「KENPOKU芸術祭」と併せて観るとより楽しいだろう。
  1. 2016/10/02(日) 23:41:02|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GO! GO! ROBOTS!! @青柳公園市民体育館体育館。 | ホーム | 水戸5試合ぶりの勝利@ケーズデンキスタジアム水戸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2462-730412ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する