よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

麦とろすず膳@水戸市見川5-114

麦とろすず膳@水戸市見川5-114

DSCN7897.jpg

DSCN7905.jpg


「一周館ビル」のすぐ傍に古民家を改修して誕生した「麦とろすず」

笠間産の自然薯を丁寧にすりおろした滑らかでふわふわとした食感のトロロは好評で、レトロなインテリアと共に一気に人気店に。

台風16号の影響が夕方からと予想される中、久し振りに「麦とろすず」に。
何時も予約で満席だが、この様な日の1時過ぎにかろうじて入店。


麦とろを主とし、他の料理を組み合わせた御膳セットが幾種類かあるがランク一番の「麦とろすず膳」を

DSCN7897.jpg

ご飯・味噌汁・トロロ・香のもの・茶わん蒸しの基本セット。

DSCN7899.jpg

シャケ・肉・茄子の田楽の惣菜3種。

鮮魚のお造り(3品)、籠盛りの天麩羅。

DSCN7900.jpg


デザートはかぼちゃのチーズケーキ。
珍しい組み合わせと思うが、甘み控え目。

夕食フルコースの味と量で満足。

コーヒーは別料金だが、追加150円で。
系列のコーヒー店が「一周館ビル」1階に「ハビットコーヒーバンク」が在る。


テーブルに「TLIBECA (トライベッカ)」刷り物

訊けば今年の6月に水戸市千波1281-2・さくら通り「ラーメン高菜」の隣オープンしたビストロ。昼のランチが始まった、との案内。
こちらも、系列店らしい。
水曜休みとか、こちらも近々に出掛ける価値が在りそう。


「一周館ビル」

1993年(平成5年)5月に水戸市見川にオープンした「一周館ビル」は市街地再開発事業個人施工として注目された。
詳しくは分からないが、行政指導でなく個人の責任で開発事業を行うからかなりのリスクを伴う。オーナーの渡辺茂さんにお目にかかる機会があった。静かな方だが信念を感じた、
幾つかの難関を通過して存続し、街のシンボルとして23年間存在しているのは立派なことだ。
周辺はマンションやアスレテックなど開発が進み、水戸の西部の街の貌となっている。

  1. 2016/09/20(火) 21:48:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<解体進むサントピア、その後は?サントピア水戸の時代への挽歌 其の15 | ホーム | リストランテ 勘十郎@水戸市元吉田町1042>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2450-52385c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する