よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧篠原家住宅@宇都宮市今泉1丁目4-33

旧篠原家住宅@宇都宮市今泉1丁目4-33

DSCN7707.jpg

DSCN7722.jpg


青春18切符、夏の陣の最終日は9月10日まで。
2セット買ったが、残りは2回分。
何処にしようと考え、9月6日(火)カミさんと水戸線経由で宇都宮に。
たまには奥さん孝行もしています。

宇都宮と云えば「餃子」、駅の観光案内所で市内地図と餃子マップを貰う。
市内に沢山あるが、駅ビル「パセオ」にも何軒か在った。
それぞれの味はあろうが、改札に近い「宇味家」に。

DSCN7700.jpg

DSCN7701.jpg


焼き餃子と水餃子、2人でこの位で充分。

DSCN7708.jpg

(復元模型・現在は当時の三分の一だと云うから凄い)

駅の近くに「国の重要文化財」指定の「旧篠原家住宅」が在る。

宇都宮市を代表する旧家の一つ篠原家は、江戸時代(18世紀の終わり頃)から奥州街道口の現在の場所で、醤油醸造業や肥料商を営んでいた。

この旧篠原家住宅は、明治28年(1895) に建てられたもの。
第二次世界大戦の戦災により、母屋と石倉3棟を残して、醤油醸造蔵や米倉などの建物は焼失したが、明治時代の豪商の姿を今日に伝える貴重な建造物。

入り口でボランテアのガイドさんが説明してくれたが、貴重な木材をふんだんに使用した建物は正しく文化財だ。

DSCN7715.jpg

1階から2階までの50センチ角は有りそうな欅の通し柱。
2階まで繋がっているのだから、かなりの大木だったろう。

DSCN7713.jpg

2階の床の間迄通っているが、床の間の床板も1枚の無垢板。

DSCN7710.jpg

2階への階段ダンスも見事。

DSCN7714.jpg


2階から中庭、倉庫を見る、
後はホテルだが当時は敷地の一部。

DSCN7717.jpg


大谷石と漆喰の倉庫。

水戸にはこんな豪商はいなかった。

旅の楽しさは、予想していないようなモノや人に出会うこと。

  1. 2016/09/14(水) 17:53:50|
  2. 後藤清一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JR日光線「日光駅」 | ホーム | 竹生島から三井寺へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2443-00053f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する