よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

称名寺と金沢文庫@横浜市金沢区金沢町

称名寺と金沢文庫@横浜市金沢区金沢町

DSCN7561.jpg


「国宝でよみとく神仏のすがた」が開催された神奈川県立金沢文庫は昭和5年(1930)に金沢北条氏一門の称名寺「金沢文庫」を再興されたもの。

称名寺は北条氏の一族である金沢(かねさわ)北条氏の祖、北条実時(1224年 - 1276年)の持仏堂から始まったと推定されている。

金沢文庫は北条実時の私的文庫から発展したものだが、書籍・絵画・彫刻・工芸品など鎌倉の文化財を今に伝えている。

DSCN7559.jpg

称名寺境内は国の史跡に指定され、赤門、仁王門、金堂、釈迦堂などがある。金堂前の阿字ヶ池を中心とする浄土式庭園は、1320年(元応2年)、金沢氏3代貞顕の代に整備されたもので、発掘調査を経て1987年(昭和62年)に復元された。

浄土式庭園とは、浄土曼荼羅に基づいて配置された庭園のことで、平安時代末期に盛んにつくられた。

京都の平等院や浄瑠璃寺などが知られているが、12世紀初期には京都より遠く離れた東北の平泉の毛越寺、いわきの白水阿弥陀堂などもある。

絵図称名寺

「称名寺絵図」鎌倉時代

DSCN7566.jpg

DSCN7565.jpg

赤門、
ここからが入り口、参道の両側には多くの塔頭があったらしい。

DSCN7563.jpg


仁王門

DSCN7562.jpg


金堂

池は「阿字ヶ浦」と呼ばれ「平橋」と「反橋」が懸る。


DSCN7567.jpg

行政区が横浜市なので鎌倉の一部とは思わなかったが、この辺りは「六浦」と呼ばれる天然の良港で、鎌倉の外港だった。
鎌倉古道の1つ「六浦道」通っている。
  1. 2016/09/11(日) 10:18:15|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹生島から三井寺へ | ホーム | ローランドサクセ作陶展 @稽古場「風」・水戸市新荘3丁目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2441-2192d2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する