よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「鉄道遺産を引き継いだ道路トンネル」柳ケ瀬トンネル。

「鉄道遺産を引き継いだ道路トンネル」柳ケ瀬トンネル。
湖北の観音様を訪ねる 其の10


柳ケ瀬トンネル2


余語駅前で葛籠尾崎(つづらおざき)の先端の菅浦に向かうルートを検討した時、運転を担当したFさんは一度戻るのは面白く無い、別なルートがあるはずと、カーナビを見て余呉を経由し北国街道を北上し迂回する道を選択した。
かなり大回りをするルートで観光の略図には記載されていない。

この旅は、宿泊地は決めてあるが、それ以外の見学場所やルートは大まかには決めてあるが、その都度相談して決める、のがルール。

その内道路が細くなり、停止線に信号機が設置され、交互通行となっているトンネルとなった。
「柳ケ瀬トンネル」と表示された碑があり、停止待ちの時間に読むと「明治15年完成当時日本最長(1,352m)で、今も使用中では2番目に古いトンネル」との記載がある、歴史的なものらしい。


柳ケ瀬トンネル1

交互通行のランプが青になって、トンネルに侵入。
暗い上に、道幅が狭く高さも無いので薄、薄気味悪い。
信号付だから、対向車が来るとは思えないが、もし来たら、との思い。
無事に通過し、山間の道を進んで塩津街道に抜け、暫く進んで「奥琵琶湖パークウェイ」に入り、国民宿舎つづらお荘に無事到着した、

今回の旅で「2度と通りたくない道」と感じたトンネル。
戻ってから調べたら、福井県敦賀市と滋賀県長浜市を結ぶトンネルで明治15年建設以来今なお現役の評価が高く歴史遺産でもあった。
偶然にも、そのトンネルを通ったことを書きとどめたい。

福井県建設技術協会のHPに「鉄道遺産を引き継いだ道路トンネル」として紹介されているのを要約して転載。

●明治15年完成当時日本最長(1,352m)で黎明期の技術進歩に大きく貢献し、今も使用中では2番目に古いトンネルで、現在は道路トンネルとして活躍中。

当時、神戸~東京間の鉄道が部分開通している中、北陸米を大阪の市場に運搬することを主目的に、敦賀線(敦賀~長浜)が建設された。
それまでの北陸米の運搬は舟運(和船)のみで、敦賀・新潟がその港。

航路は主に「新潟・敦賀~下関経由~大阪」「敦賀(金ヶ崎」~琵琶湖~淀川水運」のみで90日から半年の所要日数が3日に短縮された。

鉄道の歴史を語るうえで重要な遺産である柳ヶ瀬トンネルを昭和33年に道路トンネルとして引継いでから約52年が経過し、今でも煉瓦造りのアーチトンネルの姿は変わりなく残されている。

この柳ヶ瀬トンネルは、黎明期の技術進歩に大きく貢献したことから、平成15年に土木学会選奨土木遺産に、平成20年には経済産業省近代化産業遺産にそれぞれ認定された。

  1. 2016/09/06(火) 06:57:09|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近江の隠れ里「菅浦の湖岸集落」@長浜市西浅井町菅浦 | ホーム | 二十三夜尊桂岸寺 納涼祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2434-01b61a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する