よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

二十三夜尊桂岸寺 納涼祭

二十三夜尊桂岸寺 納涼祭
三夜さん、納涼祭@二十三夜尊桂岸寺 水戸市松本町


DSCN7667.jpg


DSCN7692.jpg

本堂
明治11年(1878年)、火災により旧伽藍が類焼したが、その後本堂・仁王門・愛染堂などが再建された。


僕が小学校の5~6年生頃の三夜さんは、デズニーランドのようだった
保和苑の庭は池があり、脇の鳥小屋には幾らか珍しい鳥も放たれていた。

DSCN7683.jpg

家で飼っていた亀に飽きて、この池に放しに行ったこともあった。
何よりすごいのは鉄格子の入ったコンクリートの小屋にクマが居た。
本堂脇の空き地は「菊人形」の小屋、或いは見世物小屋、サーカスもかかったかもしれない。
遊園地に良くある子供用の乗り物など、何かがあった
光台寺裏のチンチン電車の停留所から、三夜さんまでは結構長い距離を歩くが、その参道にはお店もあって、これを見るのも愉しかった

「二十三夜尊」の名の通り、毎月旧暦23日の縁日は賑わったようだが、その為に出掛けた記憶はない

中学・高校になると行くことも無かったが、その頃から賑わいも薄れた
年ごとに衰退し参道の仲見世などは数軒になってしまった。

2013年から商工会議所西部ブロックの人達が中心になって。本堂脇の空き地で「納涼祭」が開かれる様になった。
「盆踊り」に代わる行事なのか、或いは別なのか?

出店するなど、参加している友人もいるので、毎年出かけるが今年で4回目、年々盛んになってきた。

9月4日(日)午前10時~午後8時30分 

DSCN7694.jpg

DSCN7695.jpg


地元の飲食店約10店が出店。



特設ステージでは、水戸ご当地アイドル(仮)によるステージのほか、のど自慢カラオケ大会、吉原殿中早食い大会、ダンスなど。

DSCN7673.jpg

水戸ホーリーホックサポーター水戸サポ軽音部の演奏

DSCN7689.jpg

DSCN7669.jpg

キッズイベントRPG「三夜伝説」


会場で1時間、庭園散策に1時間位。
夕方前は結構の暑さだったが、久し振りに境内を歩いた。

震災以降、各地で単発のイベントが開催される。
その日限りが多いにしても、地元に密着した企画と運営が肝心。

その点で「くろばね朝市」や二十三夜尊桂岸寺「納涼祭」などは持続性と地元の運営と言った点で素晴らしいと思う。


水戸谷中の二十三夜尊、通称「さんやさん」は正式には大悲山保和院桂岸寺と言い、天和2年(1682年)檀海和尚の開山で、元は水戸市全隈町にあった普門寺を中山備前守信治(三代)が小松寺住職宥密(ゆうみつ)を説いて中山信政の供養のため譲り受け現在の地に建立した。

DSCN7678.jpg

DSCN7679.jpg

一番奥に二代中山信政、四代中山信行の墓地が在る。
  1. 2016/09/05(月) 21:17:41|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「鉄道遺産を引き継いだ道路トンネル」柳ケ瀬トンネル。 | ホーム | リトル・ブルースターズ@京成百貨店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2433-f1323ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する