よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

長浜は仏教文化の宝庫

長浜は仏教文化の宝庫
湖北の観音様を訪ねる 其の8


DSCN7373.jpg


湖北の仏様は里山に散在しているので、巡礼するには時間を要する。
今回は友人の運転する車で回ったが、それでも1日で数カ寺。
JRの駅で言えば、長浜・高月・木之本・余呉、更には沖合に浮かぶ竹生島、秘境と呼ばれた菅浦なども行政区域では長浜市。

DSCN7371.jpg

「北ビワコホテルグラツィエ」
長浜港の直ぐそば、イタリア風の名前のリゾートホテル。
隣にはヨットハーバーもある。
駅の西側一帯は湖畔の埋め立てによってできた新市街。

朝食は湖畔に面した2階、琵琶湖が一望に見渡せる。
新館の7階にはこれまた琵琶湖を望む浴場、幾らか温泉の香りもする。

DSCN7355.jpg

夕食はタクシーの運転手さんお勧め、北国街道に近い居酒屋「おとんぼ」に。
地元の常連さんが多い感じ。
「おとんぼ」とは末っ子と言う意味らしい。

DSCN7351.jpg


DSCN7360.jpg

「長浜曳山祭り」のポスターや写真。
4月に行われるこの祭りは国指定の重要無形文化財。


DSCN7353.jpg

DSCN7354.jpg

久し振りに3人揃って飲んで食べて昔話。

翌朝は「豊公園」まで散策に。
長浜城は秀吉が初めて築いた城。

DSCN7377.jpg

昭和58年鉄筋コンクリートによる再建で「長浜城歴史博物館」石垣等も当時のものではなさそう。
秀吉の築城時は岬の先端であったろうが、現在は埋め立てられて周囲は公園となっている。


長浜のホテルに夕方着いて居酒屋に、7階浴場(露天風呂付き)で汗を流し、朝食後は観音巡礼、長浜の市内観光は殆どないが、今回は湖北の観音巡りで学び、感じたことは。

●北陸白山の十一面観音信仰と比叡山天台勢力の影響を強く受け、これらの習合文化圏として湖北の観音信仰が生まれた。
室町期には浄土宗・曹洞宗・浄土真宗・時宗らの新仏教が農民勢力の台頭に併せて勢力を伸ばし、戦国の動乱期にいたって、さらに大きく変容した。
村々にあった天台寺院の多くは衰退して無住・廃寺化し、そこに残された尊像たちは、村の守り本尊として民衆に迎えられた。
戦乱の焼き討ちにあった際は、村人たちが観音像を川底に沈めたり、地中に埋めたりして難を逃れ守ってきたと伝えられている。
京都や奈良のような大伽藍を構える寺院はなく、そのほとんどは小さな村堂につつましく安置されている。

  1. 2016/09/01(木) 21:31:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賤ヶ岳古戦場 | ホーム | 己高閣・世代閣@長浜市木之本古橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2429-d7354282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する