よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

比叡山・延曆寺@滋賀県大津市

比叡山・延曆寺@滋賀県大津市
湖北の観音様を訪ねる 其の2


DSCN7308.jpg


四条烏丸のホテルの前でFさんをピックアップ、琵琶湖周遊の旅に出発。
Fさんの希望で比叡山に行くことに。
この旅は2泊のホテルはFさんの奥様が予約してくれたこと以外は時に応じて気楽に決める。

比叡山ドライブウェイで“延曆寺”に向かう。

ドライブウェイを登ると、稜線からは京都市内が望める。

DSCN7305.jpg

御所の敷地の緑は広大だ。

比叡山は平安時代初期の僧・最澄(767年 - 822年)により開かれたのは平安京の「北の守り」を担っていた。

DSCN7303.jpg

東側に琵琶湖と大津の市街。
標高848mの比叡山全域を境内とするが、行政区域は京都ではなく滋賀県大津市。

「延暦寺」は単独の堂宇の名称ではなく、比叡山の山上から東麓にかけて位置する東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)などの区域(これらを総称して「三塔十六谷」と称する)に所在する150ほどの堂塔の総称。

DSCN7542.jpg

東塔(とうどう)
延暦寺発祥の地であり、本堂にあたる根本中堂を中心とする区域。
今度で3回目だが、このエリアのみ。
何れの機会にもう少し広い範囲を歩いてみたい。

DSCN7544.jpg

西塔(さいとう)
釈迦堂を中心とした地域。鸞聖人等も修行した。

DSCN7543.jpg

横川(よかわ)
四季講堂(元三大師堂)や日蓮上人修行の地。

東塔(とうどう)の大講堂・国宝館・根本中堂を拝観しただけだったが、ここだけの方が大多数だろう。

DSCN7545.jpg

国宝殿
延暦寺の国宝・重要文化財などの収蔵・展示室。
季節ごとに展示替えもある。
これでもか、と言うほどあるが、良く分からず。

DSCN7310.jpg

根本中堂(国宝)は最澄が建立した一乗止観院の後身。
現在の建物は織田信長焼き討ちの後、寛永19年(1642年)に徳川家光によって再建された。(国宝)
入母屋造で幅37.6メートル、奥行23.9メートル、屋根高24.2メートルの大建築である。
土間の内陣は外陣より床が3メートルも低い、独特の構造に驚いた。
観光客も少なく、僧侶がお経をあげている姿をじっくりと拝見が出来、いささか身が引き締まった思い。

  1. 2016/08/29(月) 14:55:06|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウィリアム・メレル・ヴォーリズ@近江八幡市 | ホーム | 湖北の観音様を訪ねる 其の1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2423-8ca38e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する