よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

まつもと市民芸術館@松本市深志

まつもと市民芸術館@松本市深志

160807_1440~01


松本駅から旧制松本高等学校の跡地の「あがたの森に」至る幹線道路は「あがたの森通り」と称し文化的な雰囲気がある。
途中に「松本市美術館」や「まつもと市民芸術館」が在るからそう感じるのかもしれない。
どちらにしても、松本は文化の香りがする観光都市で、水戸も見習うところが沢山ある。

「まつもと市民芸術館」は館長兼芸術監督に俳優・演出家の串田和美を迎えて2004年8月に開館した。設計は日本を代表する建築家の一人伊東豊雄。
水戸でも「新市民会館」の建設計画が進行中で、奇しくも伊東豊雄が設計すると報じられてもいたので、是非見学したいと思っていた。

日本最大級の音楽祭であるセイジ・オザワ 松本フェスティバル(旧称サイトウ・キネン・フェスティバル松本)の主要会場で、水戸芸術館の館長は小澤 征爾という、縁もある。

敷地は松本も水戸も約1haで同じだが、水戸は正方形で松本は細長い。

160807_1440~02

松本は奥に行くほど高くなるが、手前は2~3階程度だから圧迫感はない。

2藝術館

正面右斜め前方より

1藝術館

正面左斜め前方より

160807_1443~01


主ホールに至る階段とエスカレーターはなだらかな坂道、と言う感じでかなりの距離が在る。

この日は催事はなかったが、エントランスやギャラリーショップなどは入場可能。

CA3G0570.jpg


CA3G0571.jpg

ホールのロビー周辺は幻想的な照明。



建物は地上7階地下2階建てで、内部には約1,800席の主ホール(800から1,400席まで規模を調整できる)、240席の小ホールのほか、主ホールの舞台を利用した約400席の実験劇場、リハーサル室やレストランなども完備している。

CA3G0568.jpg

日本では比較的珍しい4層のバルコニー席を備える馬蹄形の主ホールは、田の字型の巨大な4面舞台を備え、幅広い演出に対応している。


催事が開催されていない状況でホールの中も見られないし、短時間の見学だから多くを云えないが、水戸の新市民会館計画の考え方の違い、疑問が幾つか思い浮かんだ。

  1. 2016/08/17(水) 15:20:29|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バンカラ目線で松本歩き@旧制高等学校記念館 | ホーム | 草間彌生・魂のおきどころ@松本市美術館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2414-bf5db2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する