よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

量深の「うな重」@笠間市笠間1253-3

量深の「うな重」@笠間市笠間1253-3

DSCN6978.jpg


笠間稲荷神社の本殿の脇に位置する「麦とろ・量深」は三年芋の“とろろ”との茨城産コシヒカリに押し麦を加えた麦飯が有名だ。

季節の素材を使った刺身や天麩羅を加えた「御膳」もあり、何人かで出かけても各自の好みで選べるのが嬉しい。
女将さんはじめお店のスタッフが明るく、会話が弾むのが嬉しい。

4月に改装したと聞いていたので、久し振りに出かけた。

DSCN6977.jpg

DSCN6983.jpg


何と、道路沿いに厨房を移動し、備長炭使用の焼き台が。

DSCN6982.jpg


DSCN6986.jpg

武蔵野市に在る創業150年の老舗鰻屋「田川」を受けついていた畠山さんが閉店することになり、縁のあった「量深」店主の馬場さんに秘伝のたれを譲り、味を継承してもらいたいと。

改装を機に「鰻」も「麦とろ」と並んで看板に。

と云う事で、「うな重」を戴くことに。

DSCN6979.jpg

勿論、注文を受けてから鰻を割くから、先ず「だし巻き玉子」が供される。

DSCN6980.jpg

焼きたての肝の香りと食感の「肝吸い」がたっぷり。 

焼き・たれ・蒸し、自慢のご飯も素晴らしい。

“トロロ”が“鰻”に変わりましたが大満足でした。
これからは「麦とろ・量深」から「鰻・量深」。

素晴らしい内装、と思いお伺いしたところ、茨城町の「渡辺工房」とのことで納得、水戸にも「渡辺工房」が手掛けた店が沢山ありますが、何処も繁盛店ですね。

  1. 2016/08/03(水) 22:50:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「乙女デザイン―大正イマジュリィの世界」@茨城県近代美術館 | ホーム | 小林一富美展 @常陽史料館・「アートスポット」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2402-f04eff81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する