よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

アール・ヌーヴォーの装飾磁器 @三井記念美術館

アール・ヌーヴォーの装飾磁器 @三井記念美術館
会期:7月6日〜2016年8月31日


DSCN6813.jpg


アール・ヌーヴォーは19世紀末から20世紀初頭にかけて、欧米で全盛を極めた工芸や建築、グラフィック・アートなどの多岐にわたる装飾様式。
流れるような曲線によって構成されていることが特徴で、東洋の美術の影響も受けた。
僕も大好きな時代と様式で、特にエミール・ガレやドーム兄弟のガラス工芸品に魅了されたことは良き思いで。


今回の展覧会はマイセンやセーヴル、KPMベルリン、ロイヤルコペンハーゲン、ロールストランドなどでは、釉下彩や結晶釉をはじめとする新しい技法や優美なデザインを取り入れた磁器作品の数々が紹介されていた。

a1_201608011518446f1.jpg

a2_2016080115184329e.jpg

a3_2016080115184239e.jpg


陶磁器を主体と言うのは新たな試みだと思った。

DSCN6814.jpg


三井記念美術館は立地も良いし展示室も多くなく、作品数も程よく手街中の美術館として、出光美術館などと同様にお好みの美術館だ。

アールヌーボーの装飾磁器
  1. 2016/08/01(月) 15:26:46|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小林一富美展 @常陽史料館・「アートスポット」 | ホーム | ツエーゲン金沢に3-0で完勝@ケーズデンキスタジアム水戸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2400-73d84405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する