よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

『こどもと ファッション 小さい人たちへの眼差し』@東京都庭園美術館

『こどもと ファッション 小さい人たちへの眼差し』@東京都庭園美術館
2016年7月16日(土)から8月31日(水)まで。


DSCN6846.jpg

DSCN6847.jpg

東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したので、建物を含め庭の散策も愉しいお気に入りの美術館。2014年11月22日にリニューアルオープンした後、訪ねていなかった久し振りの訪問。

DSCN6849.jpg

玄関の唐獅子。
改めて観ると、面白い。

DSCN6852.jpg

庭のアカマツ・クロマツの大木が見事。
松は日本の原風景と思うが、松くい虫被害で少なくなってしまった。
何故、全国的にもう少し植えて増やさないのだろうか。

DSCN6854.jpg

ザッキンの彫刻も。

DSCN6856.jpg


庭から見た本館、2階のギャラリーから庭を見下ろすのが素晴らしい。
左側に2014(平成26)年ホワイトキューブのギャラリーを擁する新館が竣工し、
ミュージアムショップ・喫茶室・展示室?等が加わったが、活用されていない感じで、ある面でもったいないとおもった。

DSCN6850.jpg

西洋の18世紀から20世紀初頭 にかけてと、明治以降の日本の洋装こども服を展示する珍しい展覧会。

最近の子供服は少子化のせいもあって、子供のファッションショー・キッズモデルも全盛となった。


資料に
『子どもは、ヨーロッパにおいて、長い間「不完全な、小さい大人」として扱われてきました。大人と区別される「子ども」という概念は中世から見受けられますが、18世紀半ばになると子どもに特別な関心が向けられるようになります。長い間成人の服のミニチュアのように作られてきた子どもの服は、この時期からその身体的心理的発達に配慮した固有のものとしてデザインされはじめ、やがて19世紀後半には独自のスタイルを生み出しました。』

とあるが、子供服の概念は時代とともに変わる。

  1. 2016/07/31(日) 08:09:31|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツエーゲン金沢戦18:00キックオフ@ケーズデンキスタジアム水戸 | ホーム | 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2397-8f97178f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する