よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-
@東京藝術大学大学美術館
会期: 2016年7月5日(火)- 8月7日(日)


1祈り


DSCN6809.jpg

DSCN6800.jpg



滋賀県長浜市の山間部で古くから伝えられてきた仏像を紹介する企画展「観音の里の祈りとくらし展2」が、東京・上野の東京芸術大学大学美術館で開かれている。

2014年にも18体を集め「観音の里の祈りとくらし展Ⅰ」が催されたことは知らなかった。
今回は約40体画展示されることで、大きく報じられた。

DSCN6906.jpg

この辺り、現在は「奥琵琶湖」と呼ぶらしいが白洲正子の『十一面観音巡礼』(昭和50(1975年)で「湖北の旅」で渡岸寺観音堂(向源寺)が紹介された記事から友人3人と湖北から小浜へ辿る旅をした。
最もこの観音像は聖林寺と共に著名だから、この時知ったわけではないにしても、このルートには国宝や重文の仏像が点在している宝庫である。

何れも地域の住民が自ら守ってきた仏像だ
今回の展覧会では仏像の展示と並び、それぞれの地域でどう管理されているかが分かる説明文と写真を添えられている。

DSCN6905.jpg

DSCN6907.jpg

会場の入り口で長浜市を中心とした観光案内のパンフレットが配布され、仏像の所在地などが明記され、幾つかを辿るモデルコースもある。

仏像自体は美術館の照明により、全ての方向から詳しく観ることが出来るが、信仰の対象としての仏様は、現地の薄暗い御堂、人里離れた山あいの小さな御堂で観るからこそ味わい深い。

その点では、会場内に長浜市の観光課の職員もおり、訪ねる際の相談にも乗ってくれる。

この展覧会を観て「青春18切符」で近江八幡~長浜~木ノ本、更には秘境と言われる菅浦を旅したいと思った。

1長浜


重要文化財《十一面観音立像》平安時代 医王寺蔵(木之本町大見)

2長浜


重要文化財《伝千手観音立像》平安時代 観音寺蔵(木之本町黒田)

3長浜


重要文化財《菅浦与大浦下庄堺絵図》 鎌倉時代後期~南北朝時代 須賀神社蔵(西浅井町菅浦)

会場の様子のYouTubeは



https://youtu.be/2kc41QtwYTY

[びわ湖長浜 KANNON HOUSE]
不忍池の近くに長浜市が開設した御堂、是非行きたいと思います。


http://
[びわ湖長浜 KANNON HOUSE]


http://www.museum.or.jp/modules/topics/?action=view&id=846
  1. 2016/07/30(土) 13:33:30|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『こどもと ファッション 小さい人たちへの眼差し』@東京都庭園美術館 | ホーム | 「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」@東京国立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2396-42aed60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する