よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」@東京国立博物館

「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」@東京国立博物館
会期:2016年6月21日(火)から9月19日(月・祝)まで


DSCN6812.jpg


古代ギリシャとローマの文明がヨーロッパ文化の源と言われるが、高校時代の世界史の勉強程度では理解が出来ないが、トロイの遺跡を発掘したシュリーマン(1822年 - 1890年)の『古代への情熱 シュリーマン自伝』には憧れ、考古学者になりたい、と思ったこともあった。

2008年にトルコ・ギリシャを旅することが出来た。
現在トルコは政情不安で旅することには危険が伴う感があるが。思い立ったとき実行しておくべきとつくづく思った。

トロイやエフェンスの遺跡さらにパルテノン神殿などの現場に立ち得たことは嬉しかったが、国立考古学博物館などの大量の出土文物を見ることが出来たことも素晴らしい体験だった。

トロイ遺跡

トロイ遺跡

6ギリシャ

エフェンス遺跡

アクロポリスの丘

アクロポリスの丘



残念ながら、文字による解説が分からないことや歴史に詳しくないのが残念で、帰国後に勉強しようと思いながら出来ずじまい。

今回の展覧会はギリシャ国内40か所以上の国立博物館群から厳選された300件を超える古代ギリシャの貴重な作品が展示された。
エーゲ海の美しい島々から始まる世界最古のエーゲ海文明からヘレニズム時代まで、西洋文化の源である古代ギリシャ文明の黎明から最盛期に至る歴史の流れを総合的に紹介。

展示空間は、ミノス文明や幾何学様式〜アルカイック時代、古代オリンピックなど、時代やメイントピックに沿って第1章から8章まで別れた構成となっており、時代の変遷を感じながら展観できる。
ギリシャのマップや年表もあり、どの文化がいつ、どこで興隆し名を遺したのかが、立体的に把握しやすい展示方法は夏休みの歴史勉強にも向いている。
居ながらにして、この様に見聞できるのは素晴らしい時代だ。

1ギリシャ

スペドス型女性像 初期キュクラデスⅡ期、シュロス期(前2800~前2300年) キュクラデス博物館蔵

2ギリシャ

赤像式パナテナイア 小型アンフォラ ボクシング 前500年頃 アテネ国立考古学博物館蔵

3ギリシャ

漁夫のフレスコ画 前17世紀 テラ先史博物館蔵

4ギリシャ


コレー像 前530年頃 アクロポリス博物館蔵

5ギリシャ

アルテミス像 前100年頃 アテネ国立考古学博物館蔵



  1. 2016/07/29(金) 18:40:33|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち- | ホーム | 日立製作所準優勝@東京ドーム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2395-1be1df4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する