よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

小川芋銭の「草汁庵」と記念館「雲魚亭」@牛久市城中町

小川芋銭の「草汁庵」と記念館「雲魚亭」@牛久市城中町
【Tabi-ぶら】番外編<アイツんとこに行ってみようか。to 牛久&石岡>

s1_2016071017175471c.jpg

s2_20160710171753c78.jpg


彫刻家・後藤清一は昭和9(1934)年5月、友人の森戸達雄、小野信夫、津川公冶と共に牛久在住の画家・小川芋銭を訪ねた。
先ず、自刻の「弥勒菩薩像」を芋銭に贈呈し、画室「草汁庵」に於いて良寛の書の一幅を観ながら、良寛論、書論へと話は及ぶ。
更には文人画を描く芋銭の画境が語られる。
昼食時と成り、頼んで有った船にご馳走を積んで牛久沼へ漕ぎ出した。
大師堂のある出島に着き、松籟を聞き景色を眺める。
再度、船を進め沼縁の料亭「湖月」で暫く寛ぐ。卓上には牛久特産の蓴菜と蒲焼、草汁庵から持参の料理を加えての昼の宴。
酒もほどほどに回って、釣りをしようと、釣り談義。
時間はあっという間に過ぎて、6時過ぎには草汁庵を辞した。

津川公冶著『画聖芋銭』(宮越太陽堂・昭和18年)「牛久沼上の一日」として詳しく述べられている。

この日の出来事を後藤清一は「昨日の様に覚えている」と話していたので、一度は訪ねてみたいと思っていた。

それから約40年、山本 哲士さんの案内で実現したが、話で聞いていた場に立てたことは大きな喜びであった。

s3_20160710171753671.jpg

入り口近くの「河童の碑」
芋銭の偉業を讃えるために昭和26年に友人「池田龍一」が中心となって建立。

s4_2016071017175268b.jpg

雲魚亭入口付近の「改善一歩」道標。
1922年(大正11年)に城中青年会(矯風会)によって旧牛久村の主要な道沿いに立てられた道標。
芋銭は自分の進む道を良い方向に改めて進みなさいという意味の「改善一歩」という言葉を提案した。

s5_2016071017175133c.jpg

木立の合間から牛久沼が望める。

s6_20160710171829311.jpg

母屋と記念館「雲魚亭」への道。

s7_20160710171828b3a.jpg

昭和12年、母屋の隣にアトリエ兼住居「雲魚亭」を建設。
『河童百図』の刊行準備の時期に病に倒れたため、ほぼ病室として使われ昭和13年に70年の生涯を閉じた。
現在は「小川芋銭記念館」として土・日のみ公開。
複製画や芋銭の愛用品が展示されている。

s8_20160710171827ed3.jpg

母屋(「草汁庵」)。
現在も芋銭のお孫さんが住居として使用しているとのことで非公開。
その中の一部屋が、画室として使用された「草汁庵」。

7月9日(土)催行の【Tabi-ぶら】番外編<アイツんとこに行ってみようか。to 牛久&石岡>の参加記録です。

  1. 2016/07/10(日) 17:22:05|
  2. 後藤清一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<芋銭の菩提寺 「得月院」 @牛久市城中町258 | ホーム | 「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の⑧再開発は何をもたらしたか。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2376-d0c53e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する