よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

西成田 育男 展 更地/翳韻@ギャラリーしえる

西成田 育男 展 更地/翳韻@ギャラリーしえる
2016年7月5日~7月17日


DSCN6512.jpg

DSCN6527.jpg


西成田 育男さんの個展が開催されている「ギャラリーしえる」のドアを開けるまで、「今回の展覧会、どんな作品が並んでいるか」と期待が高まる嬉しさが有る。常に変化と進化を遂げ、予想もしない作品が並んでいたりするからだ。

西成田さんはグラフィックデザイナー・アートディレクターとして、今や県内では大御所、若手を起用したディレクションで新境地を拓いている。
忙しい合間を縫っての創作活動だが、これが忙しさに比例して良い作品が生まれるようだ。人間の能力は無限、の証だ。

2015年9月12日~10月25日に「いわき市立美術館」で開催された「西成田育男展・更地」では回顧展の要素もあり、西成田さんの全貌に触れた感じもした。

特に、Bari Box『言葉にならないものもある』(2001年)はクリアケースの中に外箱・絵画1点・写真2葉・半透明の中に封筒が入っている。
箱に入った作品で中が見えない、と云うのもあった。

今回は「更地/翳韻」
「更地は」分かるが「翳韻」は何と読み、どの様な意味か。

西成田さんはかなり難解なタイトルを使う。
自作の造語も意味が有るのだろう。


DSCN6513.jpg

DSCN6515.jpg

DSCN6516.jpg

今回は大作から小品まで、平面作品だけだ。

薄手の麻の生成りのキャンバスに描かれてあるが、地塗りされてないキャンバスは、透けて見える。

雲母や和紙などが貼られたりで、下地は一様ではない。
その辺が魅力で、何度も塗り重ねられているから、かなり複雑な色合いだ。
日本画の顔料のような素材で描かれた画面は 複雑で多様な色。
画面はじっくりと眼を凝らして観なければ分からない。
茫洋として読み取れない形と色は何時まで見続けても限がない。

DSCN6520.jpg

今回は黄色系の色を使った「更地/夏至」が加わった。


DSCN6524.jpg



DSCN6525.jpg

更地/錆壁・更地/翳処など、

日本画の顔料のような素材で描かれた無機的な画面だが、目に見えない何かが語りかけてくるから不思議だ。


関連催事として7月9日[土]午後2時から
●長谷川裕久ポエトリー・リーディング「池沢夏樹詩集成」(抜粋)
●西成田さんを囲んでドリンクパーティー。
どちらも参加無料。


参考
【翳▼す】(音読み)「エイ」(訓読み)「かざす」「かげる」「かげ」「かげり」
意味:きぬがさ。鳥の羽で飾った絹を張った傘。
【韻】「イン」
1 言葉のひびき。また、物の出す音。「松韻・神韻・余韻」2 風流な趣。「韻事・韻致/気韻・風韻」3 漢字音で、声母(頭子音)を除いた部分。韻母。「韻字・韻書/音韻・畳韻・平水韻」4 詩や文章で、同一または類似の音を、特定の場所に繰り返して用いること。「韻律/押韻・脚韻・頭韻・和韻」5 詩歌。「韻文」
  1. 2016/07/07(木) 23:56:26|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の⑧再開発は何をもたらしたか。 | ホーム | ヤマモモ@千波公園西の谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2374-37331ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する