よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

見川塚畑遺跡・現地説明会@水戸市見川1丁目

見川塚畑遺跡・現地説明会@水戸市見川1丁目

DSCN6461.jpg

DSCN6459.jpg

水戸徳川博物館の道路を挟んだ反対側で、桜山に隣接する紅葉谷を拡張する工事が進行中だが、その敷地に弥生時代の集落跡の遺跡があるとして発掘調査が行われている。

7月3日(日)午前10時から「見川塚畑遺跡」の発掘調査説明会が現地で開催された。暑い中、200人以上の人が集まったのは驚き。

70人位を1グループとし、3組に分かれて説明を聞いた。

DSCN6483.jpg


見川塚畑遺跡は,弥生時代後期(約1,800年前頃)の集落跡で,当時の竪穴建物跡を20棟以上確認している。
土器や紡錘車などが出土しており,人々の暮らしぶりがうかがえる。


DSCN6466_2016070314570245a.jpg

竪穴建物跡。

DSCN6473.jpg

直径30センチ足らずの穴の深さが、約80㎝、
まともな道具が無い時代、どの様にして掘ったのか?

DSCN6471.jpg

住居の想像図、柱を立てて茅などをふいたらしい。
縄文時代の竪穴住居とあまり変わらない感じだ。

炉跡、奈良時代に半島から竈が導入されるまで、煮炊きや暖房は全て炉の焚火。

DSCN6452_201607031507573e4.jpg

炉の近辺から出土した弥生土器「十王台式」
十王台式は弥生時代の後期、主に茨城県の北部に多い。
住居跡あたりの土器の個数が多いのが、この遺跡の特色。

DSCN6447.jpg

手掘りによる作業の実演。

DSCN6458.jpg


DSCN6479.jpg

発掘された十王台式の土器は、完成度が高い優品が多い。

なかには水戸より北部常陸太田辺りで作られた品もあるとか。
土質等により分かるらしい。

「十王台式の土器」は北関東の弥生時代の遺物としては優品で、工人の美的感覚は素晴らしい。

以前は発掘現場に良く足を運んだ、久し振りの発掘現場の見学。
地形や出土品から、1800年前の暮らしに思いをはせた。

  1. 2016/07/03(日) 15:10:17|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<偕楽園好文亭月釜 @好文亭 | ホーム | 「電気を消して、スローな夜を」@水戸芸術館・広場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2368-aca250f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する