よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

西蓮寺の相輪橖(そうりんとう)@行方市西蓮寺504

西蓮寺の相輪橖(そうりんとう)@行方市西蓮寺504

DSCN6186.jpg


6月25日の【Tabi-ぶらVol.3 ~紫陽花と秘仏拝観 水郷の美 in ITAKO】に参加しました。
念願であった、「長勝寺の茅葺の本堂」を拝見することが叶った、更に、光圀公ゆかりの書院で抹茶まで戴くことが出来た。
和尚さんの人柄やお話を含め、この回の旅の白眉でした。

この日のスタートは玉造(現在は行方市)の西蓮寺。
延暦元年(782 年)に創建と伝えられる古刹で、今回の旅では一番の歴史を持つお寺さんにも拘らず、寂しい感じは否めなかった。
約40ぶりの訪問だったが、仁王門辺りの墓域が広くなった感じがする程度、境内は以前と全く変わらない感じ。
堂守りする方や檀家の熱意に拠るのでは、と思った。

DSCN6173.jpg


仁王門は、天文12年( 1543年)建立されたもので当初は楼門として造られ、寛政2年(1790年)山門に造り替えられた。(国指定の重要文化財)。

DSCN6177.jpg

DSCN6180.jpg

相輪橖(1287年建立・国指定の重要文化財)。

●「相輪橖」は「相輪塔」とも書く。
仏塔の一種で古くから建てられていたようであるが、歴史のある相輪橖は少なく、比叡山延暦寺や日光輪王寺と共に西蓮寺の相輪橖は貴重である。

・撮影山本さん西蓮寺

西蓮寺境内(山本さん撮影)


DSCN6183.jpg

DSCN6184.jpg

常行三昧堂(じょうぎょうざんまいどう)
西蓮寺の伝統行事である「常行三昧会」は寛治年間(1087~94)に地元の長者が比叡山より移したものとされ、西蓮寺の末寺、門徒寺の僧侶が常行堂に集まり、9月24日~30日の7日7夜にわたって堂内を廻りながら独特の節回しで立行誦経する大法要。

「常陸高野」と呼ばれるように、この法要は「仏立て」と言われ、宗旨の別なく近郷近在はもとより遠隔地から新仏の供養に参詣人が訪れる。

途中、山本さんの案内で、行方市芹沢の芹沢鴨の生家を訪ねた。

DSCN6172.jpg

塀の外側から眺めただけだが、かなり広い屋敷。
現在は無住の感じ。
芹沢鴨は近藤勇、土方歳三らと新撰組を結成。京都の治安維持にあたった。
その後、近藤らと対立1863年9月16日惨殺された。

  1. 2016/07/01(金) 21:05:55|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二本松寺 あじさいの杜@潮来市堀之内1230 | ホーム | サントピアの広報と宣伝「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の⑦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2365-0bab52ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する