よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

パン ド ムシャムシャ&コーヒー@笠間市南吉原408-2

パン ド ムシャムシャ&コーヒー@笠間市南吉原408-2

DSCN6419.jpg


茨城町のそば処「楓の森」に嵌って再度訪ねた際、店主から笠間の森の中に素晴らしいパン屋さんが在ると聞いた。

教えてくれた住所と氏名は、笠間在住の陶芸家・筒井修さんだ。
何度かお目にかかったことはあるが、話までしたことはない。
陶芸家の副業でパン屋さん?

ゴルフ場の裏手の森の中、細い道を辿った。

DSCN6418.jpg


車3台ほどの駐車場と木造の小屋の前に「パン ド ムシャムシャ&コーヒー」の鉄の看板。

DSCN6415.jpg

狭い店内にはパンとコーヒー豆、カップ等の陶器類。

筒井さんのお嬢さんとご主人は、益子でパンとコーヒーの店を10年ほどされて、昨年に父親のショールームをパンとコーヒー店に改造。


分かりづらい辺鄙な場所なのに、次々とお客があるのは時代なのだろう。

DSCN6413.jpg

お店の紹介記事が掲載されているミニコミ誌。

DSCN6416.jpg

DSCN6412.jpg

庭を見渡すテラスにもイスとテーブルが。

DSCN6409.jpg

野球のバットなどに加工される青タモの大木。
一部の椿や紫陽花を除けば、ほぼ自然林だ。

DSCN6406.jpg

工房前の陶芸家・筒井修さん。

DSCN6403.jpg

40年前、東京都目黒区から笠間に移住した。
当時に自分で建てたと云う住まい。

DSCN6407.jpg

釣り灯具は、稲田に工房を持つ鍛鉄作家の長男・哲平さんの初期の作品。
住宅関連のドアや手すりなどの仕事が多いとか。


笠間には全国から或いは世界中から移り住んだ作家など、個性あふれる人が沢山いるのは魅力だ。

  1. 2016/06/30(木) 22:53:06|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<半夏生(はんげしょう) | ホーム | 「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の⑥ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2362-876821ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する