よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

長勝寺 @潮来市潮来428

長勝寺 @潮来市潮来428

DSCN6288.jpg


茅葺の屋根が独特の形を持つ潮来の長勝寺を訪ねるのは長い間の夢だった。
潮来までは1時間も有れば行けるのに、縁が無かったのだ。

「Tabi-ぶら」で「潮来の初夏の一日」(平成28年6月25日)の企画に急遽参加することに、この会の楽しさに嵌って3回連続で参加することが出来た。

この日は、西蓮寺~二本松寺~大生神社・延命院~アヤメ園と巡ってのファイナルステージだったが、しめくくりにふさわしいお寺さんであった。

DSCN6255.jpg

長勝寺山門
アヤメ園からほぼ直線の参道を歩むと、この山門に。

DSCN6256.jpg

楼門
禅宗様式で、山門から本堂まで直線に伽藍が配置されている。


本堂
念願であった茅葺の本堂にご対面。
奇妙な造形、独特の屋根の形だ。

DSCN6287.jpg

DSCN6286.jpg

軒下から眺めれば茅の厚さが良く判る。
部分的に茅が薄くなってしまったところもあり、早急な対策が必要だが、文化財の補修は、簡単にはゆかないらしい。

DSCN6260.jpg

国指定文化財の銅鐘がつられている鐘楼。

本堂に入り諸仏に参詣し、本尊の阿弥陀如来及び両脇侍像・大迦葉立像等について和尚さん、山本さんより説明を受けた。

和尚さんは如何にも禅宗の僧、軽妙洒脱な話で、仏教や仏像について話された。
説教がましくなく、淡々としかもユーモアをそえて。

DSCN6271.jpg

DSCN6275.jpg

水戸光圀も御成りの書院で抹茶を頂く。
元禄年間から約300年、幕末の騒乱に巻き込まれ、第二次大戦の空襲にも合わず、東日本大震災にも耐えた本堂・庫裡・書院。

DSCN6264.jpg


DSCN6273.jpg

歴史ある庭園は見事。

5長勝寺

和尚さんの孫娘さんまで、家族的な接待を受けた。(江原 広美さん撮影)

DSCN6279.jpg

抹茶を戴いたのち、再度、和尚さん登場。
幕末の騒乱に巻き込まれた話から、戦後の一時期は小学校の教室代わりに使用された話など、次の世代に伝えたい貴重な話を御伺いした。

歴史ある建物で戴くお茶と、ゆったりと過ごした時間はこの日の白眉。
小雨のぱらつき程度で天候にも恵まれ、充実した旅でした。
  1. 2016/06/26(日) 07:57:34|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山形戦は2-2の引き分けでしたが。@NDソフトスタジアム山形 | ホーム | 水戸ホーリーホック オフィシャル応援ツアーで山形に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2358-dbff8513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する