よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」@資生堂ギャラリー

「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」@資生堂ギャラリー

PC051439.jpg


荒木経惟「写狂老人A 76齢」を観て、2014年10月22日から12月25日まで
銀座の資生堂ギャラリーで開催された「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」を思い出した。

タイトルの「往生写集」は、平安時代の僧侶・源信が著した仏教書『往生要集』(985年)から想を得た荒木の造語。
源信は多くの仏教の経典や論書などから、極楽往生に関する要文を集め、死後に極楽往生するためには一心に仏を想い、念仏を唱えることが大切と説いた。のちにその教えは、我が国の浄土思想の基礎となったと言われる。

PC051436.jpg

このタイトルや写真集の中にもしばしば登場するが、荒木経惟の「書」は写真と同様に魅力的だ。

PC051442.jpg

「東ノ空」は、東日本大震災後、亡くなった方への鎮魂を願うと同時に、被災地の復活を祈りながら、彼が毎朝自宅の屋上から撮り続けている作品。

PC051440.jpg

「PARADISE」は、一見暗闇の中に色鮮やかな花が咲き誇っているかのようだが、実は、朽ちかけた花と人形を写した生と死の物語。
「花は死の一歩手前が最も官能的」と語る荒木が、移ろいゆく花の姿を人の生命にたとえ、はかなさゆえの愛しさや、かけがえのなさを捉えた作品。

PC051447.jpg

資生堂ギャラリーの地下の吹き抜けに展開した「生と死と再生」。

ほぼすべてが、撮影可であったのは嬉しい。
多くの展覧会、著作権に関連するとかで撮影が禁じられているが、営業に使うことでもなければ撮影が自由は、世の中の流れのように思う。
  1. 2016/06/21(火) 20:06:12|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「サントピア水戸」の時代への挽歌 其の③ | ホーム | 荒木経惟 「写狂老人A 76齢」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2351-52e30808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する