よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

荒木経惟 「写狂老人A 76齢」

荒木経惟 「写狂老人A 76齢」

DSCN5681.jpg

飯倉から六本木の新国立美術館まで、ぶらぶらと歩いた。

DSCN5686.jpg

DSCN5680.jpg

AXISビルの前に荒木経惟の写真展の看板。
中庭のらせん状の階段を上がって2階に。

DSCN5683.jpg

荒木経惟「写狂老人A 76齢」展
会期:2016年5月25日(水)〜6月29日(水)
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F

自ら「天才アラーキー」と称する荒木経惟の写真は確かに魅力がある。
少々猥雑ではあるが、独自の世界だ。
彼の生まれ在所に近い「三ノ輪の浄閑寺」を訪ねたりもした。
写真集も数多く出版している。
これ程に出版している写真家はいないだろう。

「写狂老人A 76齢」御年76は僕より1歳上で、現役のバリバリ。
芸術家のエネルギーは凄いものが有る。

更に、プリントした作品を廉価で売っている。
キャビネ版と云うのか、一枚5000円位で販売している。
作者のサインはないが、オリジナルであることに違いはない。

同じフロアーの別な場所で「センチメンタルな旅」の展覧会が開かれていた。
こちらは写真集の展示販売が主だが、プリント作品も販売されていた。

日本において写真展は、これでもかと思う様な大判の写真が多いが、手元でじっくりと観る・写真集で観る、が本来の楽しみ方と思う。

荒木経惟はその様な点でも時代をさきがけた写真家と思う。

  1. 2016/06/20(月) 18:17:00|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE」@資生堂ギャラリー | ホーム | サントピアの時代への挽歌 其の②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2350-d4ac3cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する