よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

お茶の心得が無いのにお茶会に出席することになった。

お茶の心得が無いのにお茶会に
大橋茶寮@東京都港区虎ノ門5-6-6


DSCN5651.jpg

お茶の心得が無いのにお茶会に出席することになった。
「大橋茶寮」はお茶事の場として、知られているようだ。
お茶事で大切な〔料理〕に定評があり、職種としては料亭に分類される。

東京メトロ日比谷線「神谷町」から徒歩5分のところだが、1980年代後半から1990年代前半にかけて周辺にオフィスビルが多くなった。
近くには「テレビ東京」や森ビル関連の高層ビルも在る。

周辺が高層化するのに抗うように、大橋茶寮の周辺だけは、戸建ちの平屋か2階建てがあり、旧町名「仙石山」がまだ生きている。

DSCN5650.jpg

大橋茶寮の表門。
昭和21(1946)年建設の木造平屋建て。
土壁が多用されている。

DSCN5832.jpg

DSCN5835.jpg

中庭を囲むように幾つかの茶室が点在している。


点心は懐石よりは略式の食事だが、

DSCN5849.jpg

先付は折敷の中の高坏に盛られて。
特に稚鮎の塩焼きが美味しかった。

DSCN5853.jpg

向付「鯛のコブ締め」
DSCN5854.jpg

ご飯・汁物。

食事を楽しみに出席したが、良い素材を少しづつ戴くのは嬉しい。

DSCN5837.jpg

薄茶席の待合。

DSCN5846.jpg

薄茶のお菓子。

DSCN5845.jpg

薄茶席の道具類。
何れもガラスはこの季節ならでは。

DSCN5872.jpg

特に、ガラスの釜・水指、は見事。

DSCN5873.jpg

風呂先屏風は「水衣」(法衣の薄くなった布を使用している)

不慣れなので濃茶席はパス。
何れにしてもお茶や懐石は未知なる世界で、間違は御許しを。

水戸の市内でも、茶会はある。
お茶を楽しむ機会を多くしたいと思った。
  1. 2016/06/06(月) 23:22:53|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蛍の鑑賞会@西の谷 | ホーム | 薬王寺山門と青木の堰@桜川市青木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2333-e1bc378a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する