よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

薬王寺山門と青木の堰@桜川市青木

薬王寺山門と青木の堰@桜川市青木
「Tabi-ぶら」に参加しました。其の四


DSCN5500.jpg

薬王寺は徳一大師の創建と伝えられる。
行基などと同様に有名な僧侶の創建との寺伝は多い。
江戸時代に良循法印が薬師堂、本堂を再建し中興開山とされる。
現在の本堂は、1723(享保7)年の再建。
紅葉でも有名らしく境内には何本もの楓。
小さな本堂のわびた佇まい、奈良や京都の雰囲気がある。

DSCN5492.jpg


山門前に二宮尊徳の像。
二宮尊徳(1787-1856)は江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で通称は金治郎。
経世済民を目指して報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導したことで知られる。
疲弊していた地元青木村の農村復興事業の一環で青木堰工事を指導した。
この堰は大正5年の大洪水で破壊されてしまった。

DSCN5499.jpg

DSCN5501.jpg

壊れた材料を再利用して薬王寺の山門を造った。
従って、余分なところにほぞ穴などが在る。
山門は二宮尊徳の偉業を後世に伝えているのだ

DSCN5495.jpg

説明して下さる住職の寂室純敬(せきずみじゅんけい)師。
サラリーマンを経て生家のお寺を継ぐことに。

近隣の檀家だけの葬式中心のお寺であったのを、地域の文化センター・生活相談など、「寺」本来の働きをしたいと、檀家に相談した。
それが功を奏し、遠方からの学生の研修などに利用されるようになった。
正に、現代の高僧で、その優しさが、顏にも出ている。

今回の旅で、この様な方に出会えたのは嬉しい。

DSCN5505.jpg

現在の桜川の「青木堰」

DSCN5504.jpg

少し下流に当時の堰の碑。

DSCN5503.jpg

この堤防には吉野桜が植えられている。

DSCN5506.jpg

今回の旅の締めの挨拶をする山本 哲士さん。

【Tabi-ぶら】6月18日・19日 <棚田の緑と那珂川風情 in 常陸大宮&茂木>は予約満席。
【Tabi-ぶら】 6月25日(土)in Itako< 紫陽花とご秘仏拝観、水郷の美 >
は受付中。

  1. 2016/06/04(土) 22:33:35|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お茶の心得が無いのにお茶会に出席することになった。 | ホーム | 富谷観音小山寺@桜川市冨谷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2332-079324f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する