よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「Tabi-ぶら」に参加しました。其の壱

「Tabi-ぶら」に参加しました。其の壱

DSCN5461_201605251803097db.jpg

5月15日(日)に開催された【Tabi-ぶら】<この道行けば、とっぷり「桜川」in Sakuragawa>に初参加、素晴らしい仲間との出会いがあり、楽しい一日でした。

集合・スタート地点は水戸線「稲田駅」

DSCN5444.jpg

集合時間よりかなり早く到着したので、駅の反対側の日本酒の蔵元「磯蔵酒蔵」にご挨拶、入り口に飾られていた木彫の「狛犬」。

DSCN5447.jpg

駅舎に並立されている稲田石(花崗岩)のミニ博物館「石の百年館」。

DSCN5455.jpg

桜川の源流の地と云われる「鏡の池」。
後に知ったが、ここは「月の池」(確かに三日月形)で、道路を挟んだ下流が本来の「鏡の池」(円形)だったらしい。地形的に納得でいる。

月山寺
平安時代初期(西暦796年)、「徳一」の開基と伝えられる。

DSCN5457.jpg

室町時代の末期から「檀林」(仏教宗派の学問所)となったので普通の寺院の本堂の姿と異なる。

月山寺美術館が開館した頃に訪ねたが、現在は築地塀・石書・庭園などかなり整備された、

DSCN5458.jpg

月山寺美術館は境内に開設されている美術館。

DSCN5468_201605251803076db.jpg

DSCN5469_20160525180306c1d.jpg

仏画・仏像など寺宝および木村武山、榎戸庄衛ら、地域ゆかりの画家の作品を収蔵・展示している。
寺院付属の美術館は茨城では稀だが、岩瀬出身(現・桜川市)の洋画家・榎戸庄衛より作品寄贈の話が発端と聞いている。

DSCN5464_201605251803087c9.jpg

解説する山本 哲士さん。

DSCN5460.jpg

「伍大力堂蔵 伍大力菩薩像」
高峯山の山腹に池上と云う集落があり、「伍大力堂」が在ったが、震災で倒壊し、「伍大力菩薩像」は月山寺美術館に安置された。

㊟五大力菩薩像の彫刻として、平安時代に制作された5躯がすべて揃って現存するものは、全国的にみて本像が唯一と考えられ、仏教史や仏教美術史上、非常に貴重な像。

以前は山の上まで登らねばならなかった、平安時代の5躯がすべての仏様を明るい館内で拝観出来るのは幸せだ。

DSCN5465_201605251803078df.jpg

「徳一上人坐像」

㊟徳一は平安初期の法相(ほっそう)宗の僧。徳溢・得一とも書いた。
東大寺に住んだのち東国に移り、筑波山に中禅寺、会津に慧日寺を開いて布教。法華一乗を唱える最澄と再三にわたって論争した。

旅はこの後、桜川磯部稲村神社~富谷観音~薬王寺~青木の堰と続きます。
  1. 2016/05/25(水) 18:13:50|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この道行けば、とっぷり「桜川」其の弐 | ホーム | 『酒は人ありき』(2016年・磯蔵酒造刊)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2329-9a48539d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する