よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

オートマタ「堀江出海」展  @常陽史料館

オートマタ「堀江出海」展  @常陽史料館
4月5日~5月22日


DSCN4981.jpg

DSCN4969.jpg

DSCN4972.jpg

常陸大宮市在住のオートマタ作家・堀江出海(いずみ)さんの展覧会が水戸市備前町の常陽史料館アートスポットで開催されている。

「オートマタ」は19世紀から20世紀初めのヨーロッパで貴族の観賞用として作られた、ゼンマイ仕掛けの精巧なからくり人形。

堀江さんは東京小岩の生まれで、長らく時計店の修理職人として技術を磨いていた。
社用でスイスの会社に出張した際にオートマタに出会い魅了された。
滞在中に作家に出会い、製作法を学んで帰国した。

絵画や彫刻が好きだったこともあり、時計の技術を加味したオートマタの作家を志すようになった。
望みをかなえるべく、会社を退職し山方宿(現・常陸大宮市)に移住しアトリエを開設した。

DSCN4970.jpg

DSCN4971.jpg

設計からゼンマイの仕掛け作り、天然木の手彫りで作る人形作りに至るまですべて手作業で、完成に1年以上がかかる。
徐々に評判を呼んで、常陸大宮の納豆工場や水戸の提灯メーカーからも制作の依頼が来るようになった。


DSCN4979.jpg

DSCN4980.jpg

衣装も重要な要素だが洋裁学校出身の奥様が担当され、二人三脚で取り組んだ結果、スイスの老舗時計メーカーから注文が来るほどの評価を得た。
展示や講演の依頼も多い。

今回の展覧会に合わせ、今日(4月13日)は10:30~12:00まで、展示品を作動させながらの解説があった。

手足や顔の表情の微妙な動きや、オイルランプラが点灯し、炎が大きくなったり小さくなったり、たばこを吸う煙など。

DSCN4984.jpg


動きの基となる内部構造まで、オートマタの概略を知ることが出来、約50人の参加者は大満足。

会期は5月22日までだが、堀江さんの解説が5月11日(水)14:00から開催される。
参加の事前予約はなしだから、ご都合が付く方は是非とも。
  1. 2016/04/13(水) 21:11:51|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彫刻家の庭さき@水戸市元山町 | ホーム | 下市毛八坂神社のしだれ桜@笠間市下市毛>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2304-47615372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する