よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

駿府城跡@静岡市葵区

駿府城跡@静岡市葵区

DSCN4750.jpg

DSCN4728.jpg

レンタサイクル
静岡市には「静岡市観光自転車ネットワーク協議会」加盟の約20カ所で1回500円を支払えば自転車を借りることが出来る。予約した「ホテル ルドフ静岡」は参加していないので、静岡駅北口の「静鉄ホテルプレジオ静岡」でレンタサイクルを借りた。

家康は幕府を開いてわずか2年後に将軍職を息子の秀忠に譲り、大御所として実権を握りながら、亡くなるまでの9年間を府中で過ごした。
府中宿は、横田に東見附が置かれ、上伝馬町、下伝馬町にそれぞれ本陣、脇本陣が設けられ、問屋場、旅籠が43軒もある東海道最大規模の宿場となった。
27の町で構成され、人口は天保14年(1843年)に1万4071人。

「ホテル ルドフ静岡」は旧東海道五十三次の19番目の宿場である「府中宿」の横田町で東の端に近い。

DSCN4953.jpg

江戸時代の旅行記『 東海道中膝栗毛』は文章と絵で書かれた版本、作者の十返舎一九の生誕地である。

DSCN4753.jpg

二の丸の石垣。
今に残るのは石垣のみ、門や櫓は近年に再建されたもの。

DSCN4755.jpg

天守閣跡には、家康の像が堂々とした風貌で、鷹を手に彼方を見据えている。

DSCN4756.jpg

家康像の横には、家康手植えのみかんの木。
紀州(和歌山県)から大御所に献上された木を、家康自ら本丸御殿の紅葉山庭園に移植したものと伝えられている。

DSCN4758.jpg

復元された二ノ丸坤櫓。奥の高層ビルは県庁舎別館。

DSCN4759.jpg

静岡県庁舎本館。
隣接して西館・東館・別館が在る。背中合わせに静岡市役所。
駿府城大手門の前で、まさに中心地の県庁舎と市庁舎。
水戸市の旧市内の衰退は水戸市庁舎移転1972年(昭和47年)に始まり、1999年の茨城県庁舎の移転によって決定的になった。
中心街の活性化はもはや手遅れであろう。

DSCN4762.jpg

呉服町通り、伊勢丹などもあり繁華街の一角。

DSCN4767.jpg

DSCN4771.jpg

JR静岡駅北口から徒歩5分の「浮月楼」。
15代将軍・徳川慶喜公が明治2年から、およそ20年にわたって過ごした屋敷(駿府代官屋敷)を利用した庭園で名高い料亭。
浮殿(うきどの)は、当時の面影を残した見事な庭園。

  1. 2016/04/09(土) 15:42:09|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<下市毛八坂神社のしだれ桜@笠間市下市毛 | ホーム | 能面展・第15回記念@県偕楽園公園センター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2302-fb1d8ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する