よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

徳川美術館@名古屋市東区徳川町

徳川美術館@名古屋市東区徳川町

DSCN4702.jpg

名古屋駅前。
近年、名古屋駅前は再開発が進行中でお高層ビルが林立している。

DSCN4704.jpg

博物館に向かうバス乗り場、名古屋グランパスの本拠地で「名古屋のフラッグ」、水戸も駅前に欲しい。Jリーグのある街は大概、この様なフッラッグが在るものだ。

徳川園

徳川園・徳川美術館

尾張徳川家の邸宅跡で池泉回遊式の日本庭園。
「徳川美術館」は徳川園の一画。

DSCN4708.jpg

「徳川園黒門」
徳川園の西に開く黒塗りの木割の太い薬医門。
旧尾張徳川家大曽根邸の表門として風格のある趣を持つ。

尾張藩二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの造営による隠居所の大曽根屋敷に移り住んだことが起源で、当時の敷地は約13万坪(約44ha)の広大さで、庭園内の泉水には16挺立の舟を浮かべたと言われている。

昭和6年(1931年)、十九代当主義親から邸宅と庭園の寄付を受けた名古屋市は整備改修を行い、翌年「徳川園」が公開された。
昭和20年(1945年)に大空襲により園内の大部分を焼失した後は一般的な公園として利用されてきましたが、平成16年秋に日本庭園としてリニューアルした。

DSCN4711.jpg

池泉回遊式の大名庭園で、清流が滝から渓谷を下り海に見立てた池へと流れる。

DSCN4709.jpg

「龍門の瀧」
1998年、尾張徳川家下屋敷跡(現。早稲田大学)からから発掘された「龍門の瀧」の遺構を移転し、2004年再現された。

DSCN4712.jpg

「徳川美術館」
侯爵徳川義親の寄附により1935(昭和10)年に開館した。
国宝『源氏物語絵巻』を含め国宝9件、重要文化財、重要美術品多数を含み、武家の表道具である刀剣、武具類や家康の遺品、華麗な婚礼調度をはじめとする調度類、服飾品、茶道具、書画など多岐にわたる。

DSCN4713.jpg

DSCN4714.jpg

特別展示室は「尾張徳川家の雛まつり」

DSCN4719.jpg

「旧本館」1935年。
  1. 2016/04/08(金) 14:35:49|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<能面展・第15回記念@県偕楽園公園センター | ホーム | 報仏寺のシダレ桜@水戸市河和田町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2300-e3f71219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する