よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

岐阜県美術館

岐阜県美術館

DSCN4521.jpg

水戸芸術館とつながりの深い日比野克彦さんが出身地の岐阜県美術館・館長に2015年4月に就任したことを知り、岐阜に行く際は訪ねたいと思った。

岐阜県美術館は1982年(昭和57年)11月開館した。
岐阜県出身者やゆかりのある画家(大橋翠石、川合玉堂など)・芸術家の作品を多数収蔵する一方、オディロン・ルドンの作品「眼を閉じて」、「あずまやの下の二人の女」などを多数収蔵している。

岐阜駅の隣、西岐阜駅から徒歩約15分、県民文化の森の一画にあり隣接地には県立図書館も在る。

DSCN4527.jpg

館の内外に彫刻作品が配されてあり、鑑賞しながら散策できる。

DSCN4524.jpg

多目的ホールにはパイプオルガンと大理石の彫刻が設置されている。

DSCN4523.jpg

常設展示と企画展示があり、この時は常設展示のみ。

DSCN4526_20160403224622aba.jpg

「大きな枢機卿」ジャコモ・マンズー(1908年 - 1991年)

DSCN4532.jpg

次回の企画展は2016年4月1日~6月5日
「ナンヤローネ No.0」
このタイトルは日比野さんのアイデアか?

2010年(平成22年)から展示室の増築工事が、2012年(平成24年)1月にリニューアルオープンした。

DSCN4528.jpg

DSCN4530.jpg

2015年4月から日比野克彦さんが館長に就任「美術館という器にこだわらず、街に飛び出して、土地の力を生かした新しいアートを展開していきたい」と抱負を語った。
古田肇知事は「幅広い活動と人脈を生かし、新しい魅力を発信してほしい」と期待を寄せた。その際のビデオ映像が放映されている。

洋画・日本画・彫刻・陶磁器と総合的な展示の美術館。
特色を出すのは難しそう。
日比野さんの力に期待が集まるだろう。
大胆な改革をしないと、独自色を出すには時間を要する感じがした。

  1. 2016/04/03(日) 22:54:58|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<大垣で旧友との再会@「天近」大垣市 栗屋町39 | ホーム | 昭和のくるま大集合@サテライト水戸 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2292-b43353a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岐阜県美術館

本日ご紹介するのは、岐阜県美術館です。 ここはルドンのコレクションで有名です。 ワタクシ、ルドンなら「キュクロプス」が好きです。 一つ目巨人が、なんとも可愛らしく描かれています。 残念ながら、ここにはありませんが… 「ナンヤローネNo.0」と題する展覧会が開かれていました。 なんかよくわからないタイトルですが、会場入口に木箱が置かれています。 各人それを持って、展示...
  1. 2016/06/08(水) 22:17:43 |
  2. ミュージアムに行きました。

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する