よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

記念艦・三笠@横須賀市の三笠公園

記念艦・三笠@横須賀市の三笠公園

DSCN4435.jpg


今ではあまり聞く機会は少ないが、日露戦争(1904年・明治37年~1905年)は近代日本が初めて西洋列強と戦い勝利し、近代ではじめてアジア人が西洋列強を退けた戦争であった一方で、日本が帝国主義国の仲間入りを果たし、本格的に大陸へ進出する契機になり、第二次大戦につながった、という意味で、この戦争の歴史的意義は大きい。

日本海海戦の連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将らが座乗した戦艦・三笠はそれらの記憶が詰まっている存在。

現在は防衛省が所管し神奈川県横須賀市の三笠公園に記念艦として保存され、現存している。

DSCN4457.jpg

DSCN4459.jpg

往時の姿は失われているが、三笠は世界で現存唯一の前弩級戦艦だけにかなり大きい。
博物館船として保存されている。

DSCN4442.jpg

1901年イギリスで進水、1902年日本海軍に引き渡しされた。
排水量15,140トン(常備) 全長131.7m  全幅23.2m
就航時の姿。

DSCN4445.jpg

現在の砲塔、煙突、マストなどは戦後に作成されたレプリカで、主砲はコンクリートで復元されている。
艦内で見学できるのは上甲板と中甲板で資料展示室や上映室などが作られている。かつて軍艦であった面影は後部地区の一部を除いて見ることができない。

DSCN4454.jpg

DSCN4450.jpg

中甲板の資料館の展示室。

DSCN4451.jpg

三笠のブリッジで日本海海戦の指揮を執る東郷平八郎や艦長の伊地知彦次郎(左から4人目)。
東城鉦太郎画『三笠艦橋之圖』


歴史のかなたの存在だが、過去を振り返る機会になった。
  1. 2016/03/31(木) 10:22:59|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そば処 麦屋の庭で@那珂市後台1229 | ホーム | YOKOSUKA軍港めぐり@汐入桟橋:横須賀市本町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2287-b24aa154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する