よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

志賀政夫展 そらいろ Color of the sky

志賀政夫展 そらいろ Color of the sky
2016年3月1日(火)~6日(日)


DSCN4012.jpg

2015年10月に山口県宇部市で開催された第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)で-志賀政夫さんの「空をみんなで眺める」が準大賞を受賞した。
水戸市見川町の「ギャラリーしえる」で『志賀政夫展 そらいろ Color of the sky』が3月6日(日)まで開催されている。

那珂市在住の造形作家・志賀政夫さん(64)は木材・陶器・金属などを使用した彫刻作品を制作している。
風等の自然の力を利用、鉄や木の作品を押すとか触れるなど、人力によって動き出す作品等の予期しない動き。同じパターンの作品を多く並べ、並べ方や数の変化でどういう場所にでも展示出来る可変性。
屋外に設置され環境と一体となって体感する作品など多様だ。

「インスタレーション」をどう説明するのか分からないが、志賀さんの作品はインスタレーションと呼ぶのが似合うと思う。

DSCN4024.jpg

UBEビエンナーレの「空をみんなで眺める」の図録を見ていたから「ギャラリーしえるではどの様に展示されるのか興味をもって伺った。

DSCN4019.jpg


受賞作や類似な作品のミニチュア模型などが並ぶ。

DSCN4013.jpg

DSCN4010.jpg

実物の何分の一かの細かい作品だ。

DSCN4018.jpg

受賞作と同型の椅子1脚を設置し、来場者が気軽に座って“目線の先の青く染色した布のパネル”をまるで「青空」を眺めているかのように配置してある。

志賀さんは「椅子に座って仮想空間の〝そらいろ〟を眺めてください」と勧める。

DSCN4009.jpg

次いで、「窓際の椅子に座って画廊の外の青空と景色を心行くまで堪能して下さい。」
と実体験する趣向だ。

「ギャラリーしえる」はガラスが多用され、外部との連続性が強い。
今回の展覧会、画廊の特性と連動した好企画だ。

  1. 2016/03/02(水) 22:41:11|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜の花・蕗の薹 | ホーム | 三之助@笠間市日沢560-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2266-8408bf54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する