よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

山梨県立美術館@甲府市貢川

山梨県立美術館@甲府市貢川

DSCN3511.jpg

山梨美術館の正面に配置されているブロンズ彫刻『四つに分かれた横たわる人体』ヘンリ・ムーア


今日2月29日は4年に1度の閏年で1日多いのはもうけものをした気になる。
明日は弥生の3月1日「青春18切符・春の陣」の使用が始まる。
試用期間は4月10日まで、今回は何処に出かけようとプランを練っている。
前回の冬の陣2枚を購入して9回使用し、期限最終日の1月10日は甲府の「山梨県立美術館」に行った。

新宿~高尾の電車は頻繁にあるが、それより先は少なくなる。
沿線には猿ヶ京など見所が有るが、特に、塩山辺りから見え隠れする富士山や中央アルプスか南アルプスかは分からないが、雪を頂いた山脈に興奮した。
電車の中を右に左に移動ながら眺めた山々、日頃の風景とは異なる旅の風情。

山梨県立美術館は開館前に、ジャン=フランソワ・ミレーの『種をまく人』を2億円で落札購入したことで話題を呼び、1978年(昭和53年)11月3日に開館した。開館して間もない頃に訪ねた記憶が有るから35年ぶりの再訪だが、当時の記憶はまるでない。

DSCN3526.jpg

美術館の敷地に隣接して「山梨県立文学館」(1989年・平成元年開館)も設置されていた。

この辺りを「芸術の森公園」として整備されている。
敷地からは富士山を望むことが出来る。

DSCN3517.jpg

この日は暖冬の影響で富士山の頂上の雪はまだら。

屋外に彫刻作品が何点か展示されている。

DSCN3525.jpg

「ゴッホ記念像」オシップ・ザッキン

DSCN3514.jpg

ロビーのための大作「失楽園」福沢一郎

DSCN3522.jpg

ロビーコンサートが開催されていた。

DSCN3515.jpg

2階展示室への階段。

フランソワ・ミレーの「種をまく人」「落ち穂拾い、夏」「ポーリーヌ・V・オノの肖像」などミレーの作品群のほかバルビゾン派の画家の作品。

DSCN3537.jpg

美術館から「山梨県立文学館」へ。

  1. 2016/02/29(月) 21:18:50|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<甲府城址(舞鶴城公園) | ホーム | 120回記念「水戸の梅祭り」@偕楽園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2263-1318af2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する