よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧井上房一郎邸@高崎市美術館

旧井上房一郎邸@高崎市美術館

DSCN3412.jpg


高崎駅西口からほど近いから街中に「高崎市美術館」があった。
1991年7月、高崎の技術・文化の主要発信施設としてオープンし、絵画、彫刻、版画など約1300点の所蔵品を中心に幅広いジャンルを展示している。

DSCN3423.jpg

コンクリートに覆われた6階建て美術館と、四季折々の庭園風景を見せる木造平屋の旧井上房一郎邸。対照的な建物が共存している。

井上房一郎は建築会社の社長で、今井正監督の名画「ここに泉あり」で知られる「群馬交響楽団」の草創期の理事長をつとめた。

1952年(昭和27)、高崎の自邸を焼失してしまった井上は、世界的建築家アントニン・レーモンド(1888~1976年)の東京・麻布の笄町(こうがいちょう)に、1951年(昭和26)に建てられたレーモンドの自邸兼事務所を写した建物を再現しようと計画し、レーモンドの快諾を受け建てられたのが旧井上房一郎邸で、いわゆるレーモンド・スタイルがよく表れている建築。
レーモンドの設計によるイタリア大使館の日光の別荘も訪ねたい場所(日光市が修復して公開している)。

DSCN3415.jpg

DSCN3416.jpg

DSCN3417.jpg

DSCN3419.jpg

DSCN3420.jpg

DSCN3424.jpg


細い間伐材の柱や、コンパネの壁面など。
ガラス戸が完全に収納でき、外部と一体となる。
バリアフリーで高低差が無い。
いい家に住みたいという欲はないが、この様な家には住んでみたいと思った。

本館では「犬塚勉展 永遠の光、一瞬の風」が開催されていた。

DSCN3414.jpg

DSCN3413.jpg

美術教師をしながら山野を歩き、渓流を遡行して描き続け、ついに38歳で逝った夭折の画家、犬塚勉(1949-1988)の展覧会。
自然を凝視するそのまなざしによって描かれた細緻な描写は、写真以上の感動。

山歩きの用具なども展示されていた。
亡き吉野満彦さんを思い出した。

大塚勉が画面に取り込もうとしたのは永遠の光、そして一瞬の風。
  1. 2016/02/22(月) 19:29:38|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高崎市タワー美術館@高崎市栄町 | ホーム | 「染め司・よしおか展」  @桃花堂 (水戸市白梅)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2254-aa178064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する