よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

御殿場線に乗ってみた

御殿場線に乗ってみた

DSCN3075.jpg


御殿場線は明治時代から昭和時代初期にかけては東海道本線の一区間で、複線化も行われていた。
1934年(昭和9年)12月1日の丹那トンネル開通に伴い、東海道本線は熱海駅経由に変更され、国府津駅 - 沼津駅間は支線の御殿場線となり、太平洋戦争中の1944年(昭和19年)に不要不急線に指定され単線化された歴史をもつ。
従って、現在の東海道本線に乗っても通ることがない路線だ。

高松からの帰途、徳川家由来の名古屋に泊まった。
再訪のための下見の意味もある。
名古屋~豊橋~浜松~沼津~御殿場~国府津~東京~水戸。

沼津~国府津の間を御殿場線に乗ってみることに。

青春18切符は様々な路線を乗り継ぐ楽しみがある。
名古屋~豊橋の間は通勤・通学客が多いので快速・新快速が沢山走っているから時刻表の必要がない。
豊橋~浜松間の列車本数はかなり少なくなる。

DSCN3043.jpg

沼津の手前の、由比、蒲原、富士、吉原辺りから眺める富士山は、右に左に、見事なものです。
先頭車両の運転台脇からは、進行方向の線路や風景が良く見える。ボックスシートや、トイレ設置されていることもあり18切符使用の際の鉄則かもしれない。

DSCN3059.jpg

沼津から御殿場線、沼津~御殿場~国府津は約60㌔。

DSCN3067.jpg

御殿場駅手前の富士岡の辺りが富士山の裾野から雄大な眺めだ。

現在は単線だが、複線時代のトンネルや橋脚などの痕跡を伺える場所も。
鉄道マニア、なら見所が沢山であろう。

DSCN3080.jpg

DSCN3081.jpg

御殿場駅前。
ビルの合間から覗くことも可能だが、幾らか遠くなってしまう。
御殿場辺りが中間点で、御殿場~国府津の間は下り坂。

DSCN3082.jpg

全線に渡って、富士山を左に、箱根の外輪山を右に見る感じで進む。

DSCN3089.jpg

東名高速道路が並行して走る区間も多い。

御殿場線は富士のすそ野を約半周、様々な姿を眺めた。
1月には甲府に旅し、山梨側からの富士を拝むことになった。

歳晩の御殿場線で富士尽くす 阿然

  1. 2016/02/03(水) 20:03:15|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<立春の「たねや最中 · ふくみ天平」とチョ・ソンジン | ホーム | 但馬屋の節分福豆@水戸市泉町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2241-0e30393d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する