よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

茨城ゆかりの金工展@茨城県陶芸美術館

茨城ゆかりの金工展@茨城県陶芸美術館
3月6日(日曜日)まで

いばらき工芸大全

茨城県陶芸美術館は平成12年に開館した全国で数少ない陶芸専門の美術館だ。
美術館の周辺は広大な公園で「陶炎祭」などの催事も開催される。
公園を囲む道路にはギャラリーや窯元の直売所等が軒を並べる。
更には、蕎麦屋やレストランなども多くなり、旧市内の笠間稲荷の門前町をしのぐ勢いだ。
水戸から20㌔、40分位の距離だから、好都合の立地ゆえに月に1度以上は訪れる。

陶芸の里・笠間にふさわしい陶芸美術館だが、陶器に限らず「工芸品全般」に渡る展示を考えているようで平成26年1月は「いばらき工芸大全 I ガラスの巻」が開催され、好評を博した。

DSCN3662.jpg

いばらき工芸大全II 金工の巻
鏡や馬具など古墳からの出土品にはじまり、寺社に伝わる遺宝、一橋徳川家の伝来品、そして明治から現代までの作家の作品が紹介されている。

萩谷勝平「龍図鐔」

萩谷勝平「龍図鐔」
私の興味は江戸時代半ばに興隆した「水戸彫り」と呼ばれる刀装具の技。
西の長州と並び賞される鍔の一大生産地として著名だ。

今回出品されている「一橋徳川家伝来品」はさすがに大名家の伝来品ゆえ名品が並んでいる。
茨城県立歴史館の「一橋記念室」で2月12日(金)まで開催されている「一橋徳川家伝来品と水戸金工」にも展示されているから、合わせて鑑賞するのがベストだ。

両方を見たが、興味はあるが知識がないのと、小さなところに細密な彫刻施されているので、手持ちでルーペを使用して見ないと良く分からない。

美術的・技術的にも素晴らしい水戸金工。
廃刀令により需要を失った明治以降も、海野勝珉(1844-1915)らの活躍により近代の金工作品の制作に継承された。

  1. 2016/01/30(土) 17:25:10|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸の六名木 @弘道館公園 | ホーム | カマタマーレ讃岐 @高松市・丸亀市を中心とする香川県全県>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2236-25bcfc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する