よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

北浜alley@高松市北浜町4-14

北浜alley:は倉庫を改装したレトロな雰囲気の異次元空間

DSCN2930.jpg

玉藻公園内を閉園時間の5時まで見学し、その後は外構を散策。
駅の東側のフェリー乗り場の下見に行く。
翌日は高松~宇野をフェリーで渡り瀬戸内海の風景を楽しみ、宇野からJR宇野線で岡山に抜けるルートを想定した。
高松~宇野の洋上の距離は21Kmで所要時間は約65分。
宇野~岡山は電車で約1時間。
待ち合わせの時間などを加えれば、約3時間以上を要する。
瀬戸大橋の開通後、鉄道と自動車による交流が主になり、フェリーの利用者は減り続け減便と赤字で存続が危ぶまれている状況だ。
時間はかかるがフェリー存続の一助を考えるか、利便性を優先して1時間のJRを使うか迷った。
フェリー乗船場はまるで静かだ。

DSCN2942.jpg

DSCN2962.jpg

乗船場の向かいに、倉庫を改装したようレトロな雰囲気の異次元空間を発見。
後に知ったが、2000年にOPENした「北浜alley」。
高松港ウォーターフロントのトレンドスポットだった。
昭和初期に作られた穀物倉庫を改装してギャラリー、ブティック、カフェレストラン、美容院、雑貨店などが入居している複合施設。

広場ではフリーマーケットやコンサートなども開催されるらしい。
夏の宵なら盛況なのだろうが、冬場の夕方の6時頃、中途半端な時間ゆえに開いている店はまばらで人影もない。

DSCN2960.jpg

特にクセが強く感じる「黒船屋」を覗いてみることに
狭い階段を上がった2階が店舗。

DSCN2943.jpg

DSCN2948.jpg

DSCN2951.jpg

開店準備中らしいが、レコードが千枚以上はありそう。
水戸で云えば「S&F」或いは「ソールインモーション」などか。
近藤房之助のライブのポスターが貼られていた。
ライブハウスでもあるようだ。
オーナーの溝上慶造さん「ケイゾー」でとおっている「北浜alley」の牽引車の雰囲気。こんな店が水戸に在れば、毎晩でも通いたい。
DSCN2954.jpg

高い吹き抜けを2階に仕切った作りで、1階に美容室がある。
営業時間が若干異なるにしても、お互いに影響はないのか?
慰問が残る。何れにしても不思議なつくりだ。

もう少し高松の街を見たいので、お勧めスポットなどをお聞きして退散。
次回、ホーリーホックの応援で高松を訪れる機会が有れば再訪したいエリアだ。
  1. 2016/01/29(金) 00:48:59|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カマタマーレ讃岐 @高松市・丸亀市を中心とする香川県全県 | ホーム | 玉藻公園(史跡高松城跡)@高松市玉藻町2-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2234-8dc1ecef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する