よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

いちょうまつり@茨城県立歴史館

いちょうまつり@茨城県立歴史館

DSCN2287.jpg

DSCN2279.jpg

西の谷の2本の銀杏の樹が色づいてきた。
黄葉は一気で、あっと云う間に落葉してしまう。
既に、銀杏の実は熟し、遊歩道に沢山落ちているが、誰も拾わない。

銀杏の黄葉で僕が好きな風景は旧県庁舎の土塁の銀杏の大木群。
斜面の整理に伴い、枝をかなり伐ったから往時の面影は無いが、中学・高校時代の通学路で思い出が浮かぶ。

近代美術館に至る銀杏並木も、千波湖畔と一体となった風景は晩秋・初冬の味わいで明治神宮絵画館前の並木を連想させる。

DSCN2285.jpg

DSCN2283.jpg

DSCN2281.jpg

DSCN2284.jpg

歴史館の旧水農校舎前の銀杏並木も見事で、欅等の茶褐色に染まった木々とのコントラストは、まさに秋もたけなわ。

DSCN2289.jpg

白の山茶花、これもまた初冬に欠かせない。

11月1日~23日まで「いちょうまつり」が開催される。
特に13日(金)は「茨城県民の日」入場無料で、高校生によるお茶会(県立東海高校茶道部)や「 いちょう並木コンサート」が開かれる。和太鼓・箏・三絃奏・水戸啓明高校ジャズバンドなど多彩な催し。
12日から15日までは「いちょう並木ライトアップ」も行われる。

外務省外交史料館・茨城県立歴史館共催の特別展「日本外交のあゆみ展」は見どころが沢山だ。

サンフランシスコ講和

吉田茂元首相の、サンフランシスコ講和会議における「対日平和条約受諾演説の原稿」[1951年(昭和26年)9月8日]を読んだ。
サンフランシスコ講和会議に全権団顧問として随行した白洲次郎は、首席全権であった吉田首相の受諾演説の原稿が、GHQに対する美辞麗句を並­べ、かつ英語で書かれていたことに激怒、「講和会議というものは、戦勝国の代表と同等­の資格で出席できるはず。その晴れの日の原稿を、相手方と相談した上に、相手側の言葉­で書く馬鹿がどこにいるか!」と一喝、受諾演説原稿は急遽日本語に書き換えられた。随行員が手分けして和紙に毛筆で書いたものを繋ぎ合わせた長さ30mにも及ぶ巻物となり、内容­には奄美群島、沖縄並びに小笠原諸島等の施政権返還が盛り込まれた。
推敲のあとも残るこの文章には、占領から独立に向かう日本の気概が示されており、白洲次郎の姿が浮かぶ。 

水戸徳川家第12代当主・徳川篤敬の次男で、一橋徳川家第12代を継いだ参院議員・徳川宗敬は講和会議の全権団の一員として参加している。(後列左から2人目が宗敬)
1984年(昭和59年)に伝来の家宝計5600点を茨城県立歴史館に寄贈し「一橋徳川家記念室」が設けられた。

 
  1. 2015/10/29(木) 18:57:48|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いわき芸術文化交流館アリオス@いわき市平字三崎 | ホーム | 知られざる女流画家 櫻井雪保展 @水戸市立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2210-f3302e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する