よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

知られざる女流画家 櫻井雪保展 @水戸市立博物館

知られざる女流画家 櫻井雪保展 @水戸市立博物館
10月17日(土)~11月22日(日)
 

桜井雪保


水戸藩出身の画家・櫻井雪館(1715-1790)は江戸に出て画塾を開き、門弟が二百余人と云われ、伊勢寂照寺の僧・月僊や若き日の谷文晁も学び、当時の江戸画壇における雪館の影響は大きいものが有ったようだ。

娘の櫻井雪保(1754(?)-1824)は父から水墨画を学び、早くから才能を開花させた。女性らしからぬ大胆な構図と伸びやかな描線で、山水や龍虎などを描いた。しかし、雪館に比べ雪保はあまり知られていない。

水戸市立博物館は「知られざる女流画家 櫻井雪保-父・雪館と歩んだ絵画の道-」として企画展を開催した。
父・雪館の作品も展示されているが、雪保の神奈川県にある禅宗寺院・了義寺の本堂に納められた板戸絵(全12枚)は、豪快さと繊細さを兼ね備えた傑作で、実物が展示されているのが今回の見所。

竜図

了義寺本堂板戸絵「龍図」

龍図、部分

了義寺本堂板戸絵「龍図」(部分)

虎竹図

了義寺本堂板戸絵「虎竹図」

竹虎図、部分

了義寺本堂板戸絵「虎竹図」(部分)

関連企画として講演会「櫻井雪保と江戸時代の女性画家」が11月8日(日)午後2時~3時に開催される。
講師は仲町啓子氏(実践女子大学教授・実践女子学園香雪記念資料館長)

水戸市立博物館は水戸市立中央図書館と併設で、自然・考古・歴史・民俗・美術の5部門からなる総合博物館で1980年(昭和55年)7月1日 に開館した。

従って、開館35年を経過し、建物の老朽化している。
展示室のケースや照明などが旧式で、見づらい。
図書館との併設館で、展示室が2・3・4階に分かれている。
収蔵庫が少ない。
など問題点が多ので、博物館の独立設置が検討された時期もあったが、その後、財政面を考え、中止されたようだ。

歴史と文化の都を標榜するなら、博物館の分離独立は課題と思うが、動きがないのは残念だ。
新市民会館構想はかなり大規模で、はたして、その必要があるのだろうか?
甚だ疑問に感じる。

  1. 2015/10/28(水) 21:40:26|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いちょうまつり@茨城県立歴史館 | ホーム | 那珂川の献上鮭@水戸市若宮町 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2209-4f29871e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する