よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

伝統建築の保存と再生@いわき市平

伝統建築の保存と再生@いわき市平

DSCN2131.jpg

今は亡き友人Q蔵さんは、いわき市平の出身だった。
故郷へ残した母への思いは強く、月に1度は里帰りしていた。
何度か一緒に同行したことが有る。
駅からすぐの場所で、近所に大谷石の蔵を改装したジャズ喫茶を紹介された。

梁や支えの木組みがむき出し、天井までの吹き抜けの空間、大きなスピーカを備えたオーデオ。今、流行のリノベーションの先駆け、ぶっ飛ぶほどの衝撃を受けた。

気に入って、何度か通った。
水戸と日立、水戸と平が身近に感じる時代だった。

それから何十年、久し振りに平に行く。

再訪しようとネットで調べたがジャズ喫茶はなさそう。
駅前には大きなビルは出来、風景は一変していた。
美術館に行く前、喫茶店に入り様子を訊いてみた。

どうやら、ジャズ喫茶ではないが蔵造の店が近くに在るらしい。

DSCN2150.jpg

DSCN2134.jpg

DSCN2135.jpg

教えられた方向に蔵造の店、当時は一軒家と思ったが、3棟の蔵が縦一列に並んでいる。
しかし、雰囲気は似ている。
開店前だが、人の気配がするので尋ねた。
内部を見て、まさに、あの店。

DSCN2152.jpg

オーナーは変わったが、木組みと内装の一部は残されていた。
今は「ダイニングバー・ダリコ」昼はランチ、夜はBAR(バー)で欧風料理が楽しめるお店とのこと。

美術館を観ての帰りでは、ランチタイムには間に合いそうにないので、近辺を散策し、11:30の開店を待つことに。

本町通り
水戸の下市にも同名の通りがが、何処の街にもある。
一番賑やかだった通りの名前だろう。
水戸から東北を結ぶ「奥州陸前浜街道」(後の国道6号線)だったところ。
現在は南側のバイパスが6号線。

本町は卸問屋や商店が並ぶ通りであった。


DSCN2138.jpg

DSCN2136.jpg

この石蔵は「百澤商店」の店舗跡、間口4間・奥行29間(約7.2mX約52m)の細長い形の敷地を「百澤通り」として再開発し、貸店舗業に転身か?
敷地を貫いた、荷物運搬用のトロッコの線路址を通路としている。
水戸の末広町が似たような通りで、蔵も残っているが、再開発の余地は有りや無しや。

DSCN2139.jpg

この先の旧釜屋の蔵と石蔵は、「サロン・ド・蔵」として活用されている。
石蔵の部分は「ヘアーサロン」と「ギャラリー」で、袖蔵は「ショットバー」、そして石張り建築部分は「カフェ」。
一部は外装を直すためのシートが貼られていた。

旧釜屋

江戸時代、元禄13年(1700)創業、平藩御用商人でありました。
明治39年(1906)の平の大火直後、耐震耐火を基本に建築されました。重厚な蔵造りの店舗は総ケヤキ造りで、店舗脇にある蔵の材料は、イギリス製赤レンガを使用しています。(「いわきヘリテージ・ツーリズム」パンフレットより)

いわき市の平地区には旧家の建築が遺され、指定文化財となっている。
「いわきヘリテージ・ツーリズム」として地図や写真も用意されているようだ。次の機会に廻ってみたい。

  1. 2015/10/26(月) 09:11:19|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SABO展 @水戸市泉町・アートセンター・タキタ2階画廊  | ホーム | 西成田育男展 更地@いわき市立美術館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2205-212b8d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する