よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

虎ノ門ヒルズ@港区虎ノ門

虎ノ門ヒルズ@港区虎ノ門

DSCN1994.jpg

DSCN1995.jpg


東京美術倶楽部の東美アートフェアを観て新橋駅に向かう途中で「虎ノ門ヒルズ」が見えた。
地上52階・地下5階建て高さ247mの超高層ビルであるから遠目が効く。

1946年(昭和21年)に最初の整備計画が決定された環状2号線は、用地買収の難航で着工できていなかったが、1998年(平成10年)に道路を地下化することで地元の合意を取り付け、着工に向けて動き出した。
地上部分は「環状第二号新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業Ⅲ街区」として東京都の施行、森ビルが特定建築者なって建設された。

虎ノ門−新橋間約1.35㎞は、2014年(平成26年)3月29日に開通し供用されている。

DSCN2001.jpg

ヒルズから新橋方面を望む。道路の 地上部分については、最終的な整備が進んでいる。

DSCN2004.jpg

DSCN2006.jpg

店舗は1階から4階。1階のカフェ。

DSCN2002.jpg

芝生広場のある庭園。

4階と5階には「国際会議場」、6階から35階には「事務所」、37階から46階には「住居」、47階から52階にはホテルのアンダーズ東京という構成。
「六本木ヒルズ」程の規模ではないが、道路の上を利用したビル。
超高層化して周辺は緑地とするなどの計画は「森ビル」ならでの手法だ。

水戸では「新市民会館」の計画が進行中。
基礎的な案が発表されているが大きな疑問がある。
敢えて組合方式に水戸市が参入しリスクを抱える必要があるか。
コンパクトシティーの観点から公共交通を利用してもらう。とのことで駐車場の用地や周辺道路の拡幅は充分とは思えない。
先日の、京成百貨店の2割引きの日は終日渋滞が続いた。
百貨店の催事と市民会館の2000人規模のホールのイベントが重なった時など、身動きが取れない状況なるだろう。
2000人規模のホールのイベントが頻繁に開催されるとは思えない。
貸ホールでなく自主企画も多くする考えらしい。
建築費は補助金などで三分一ので出来るにしても、企画要員・ホールの運営技術者などランニングコストも巨額になることだろう。
基本案は専門のコンサルタントに依頼したようだが、「森ビル」のような都市開発の実績あるところに、ゼロベースで開発案を委託してみる。ことなど、より良き案となることを願う。
このままでは、とんでもないものに巨額を投じることになる懸念を持つ。

  1. 2015/10/18(日) 09:18:51|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<残留に向けて前進@ケーズデンキスタジアム水戸 | ホーム | 東美アートフェア 2015 @東京美術倶楽部 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2198-535b3ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する