よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

水戸が鹿島に勝利したのは@水戸芸術館広場

水戸が鹿島に勝利したのは@水戸芸術館広場

DSCN1893.jpg

DSCN1907.jpg

10月12日(月・体育の日)13:00から【ReMITO 92】「水戸の街をサッカー繋げる」が水戸芸術館の広場で開催された。

ブラインドサッカーを体験しながらコミュニケーションを図ろうと水戸ホーリーホックの熱烈サポーター大塚巌さんが企画した。

情報の8割を得ている視覚を閉じた状態でプレーするブラインドサッカー(通称・ブラサカ)は技術だけではなく、視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレーするので、「音」と「声」のコミュニケーションが重要となるスポーツ。

DSCN1897.jpg

14日のカシマスタジアムでの天皇杯3回戦、鹿島アントラーズ戦を控えた重要な日にも拘らず、水戸ホーリーホックから沼田邦郎社長、西ヶ谷 隆之監督、本間 幸司選手、田中 雄大選手、船谷 圭祐選手、田向 泰輝選手、とホーリー君も参加した。

元・水戸ホーリーホックの岡本達也選手、現在は「日本ブラインドサッカー協会」の職員、ともう一人の指導員、日本ブラインドサッカー協会の強化指定選手の寺西選手の3人が、言葉や音による意思伝達の方法から、ゲームの成り立ちまで実演を含めて解説。

DSCN1909.jpg

寺西選手は
タイロンを叩く音を頼りに方向と距離を判断してシュートしたボールは見事にタイロンに当たる。
タイロンを2本並べて叩き、その間を通過させる。
等々、音だけを頼りに正確にシュートを見せた。

DSCN1906.jpg

説明を聞いて後、参加者が6グループに別れコミュニケーションの練習。
ホーリーホックの選手も各グループに加わって投げたり蹴ったり。

言葉と拍手等の音声によって行動を指示することの難しさ。
アイマスクをかけて耳を頼りの行動はまことに頼りない。

基礎的な感覚トレーニングに多くを費やしたが、難しいものだ。

ブラサカ2
アイマスクをして。(fbに投稿した渡辺 翼さんの写真から。)

日頃、運動していないのにグループのメンバーとの行動に熱中して、写真など撮る暇がなかった。

約2時間が、あっという間に過ぎた。

参加者を含め大勢のギャラリーで賑わった芸術館の広場。

ブラサカ3
参加者一同、輪になって。(fbに投稿した渡辺 翼さんの写真から。)

ブラサカ1
記念撮影。(fbに投稿した渡辺 翼さんの写真から。)

開始前の挨拶でホーリーホックの選手は「自分たちも初めての体験なので、お互に意思疎通の技術を身に着けるアイデアを学びたい」と話をしていたが、参加者全員が、見る情報に頼らず「相手のことを考え、相手の身になって行動する」ことの大切さを学んだように思う、

14日の鹿島戦を前に、西ヶ谷監督を始めホーリーホックの選手はこの体験が大いに役にたったのではと思った。

天皇杯の鹿島戦は延長でも決着がつかず、PK戦で3-2の勝利。

「水戸が鹿島に勝利」したのは「ブラサカ交流体験があったから」でした。



  1. 2015/10/15(木) 21:39:16|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有難うリビングルーム泉町 @泉町会館 | ホーム | 風マルシェ&上映会@稽古場「風」・水戸市新荘3丁目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2195-191028e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する