よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

本むら庵 荻窪本店@東京都杉並区上荻2-7-11

本むら庵 荻窪本店@東京都杉並区上荻2-7-11

DSCN1076.jpg


龍神峡の蕎麦店「慈久庵」は開店前から行列が出来る繁盛店だ。
店主の小川宣夫さんが生まれ在所を元気にしたいと阿佐ヶ谷「慈久庵をたたんで水府に移転開業したのは2002年2月のこと。

故郷の東金砂神社(常陸太田市天下野町9740)の仁王門、仁王様が不在なことを案じ2014年2月2体の仁王像を寄進した。

20150903125937e35[1]

仁王像を制作したのは国立市在住の彫刻家・関頑亭さん(96歳)。

国立市の「明窓浄机館」には何点かの作品が収蔵されている聞き9月2日に訪ね拝見した。

帰途は、荻窪の「本むら庵」に行こうと決めていた。
小川さんが修業したのが「本むら庵 荻窪本店」と聞いていたからだ。

大正13年創業の「本むら庵」は荻窪駅と西荻窪駅のちょうど中間あたりに位置する。
大正13年は関東大震災の翌年で、その歴史を感じる堂々たる店構え。
近所にはさしたる店はなく、ポツンと一軒ある感じだが、よく見れば繁華街だった痕跡も在る。

広い待合室には囲炉裏があり、脇には飾り棚。

DSCN1066.jpg

DSCN1067.jpg

DSCN1068.jpg

蕎麦猪口や蕎麦に関する器等が展示されている。

澤田 政廣の彫刻、辻清明の陶器なども飾られている。

テーブル席の他に座敷もあるらしい。

広い駐車場を備えているので、かなり広い範囲の所からㇻお客があるのだろう。
品書きには一品料理も多く、蕎麦割烹と云う感じらしい。

DSCN1052.jpg

DSCN1051.jpg

奥に社のある細長い庭がある。
夕方の開店間もない時間に入店したので、庭に面した席に座れた。

DSCN1055.jpg

剣菱の樽酒、アテが蕎麦みそでなく、山葵の佃煮。
これが酒にピッタリ。

DSCN1061.jpg

鮎の一夜干し。

DSCN1058.jpg

鴨ロース。

DSCN1064.jpg

せいろ。

「本むら庵」で酒を酌み蕎麦を食して、龍神峡「慈久庵」の小川宣夫さん、彫刻家・関頑亭さんをめぐる三題噺がやっとまとまった。

  1. 2015/10/06(火) 08:19:17|
  2. 蕎麦屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リビングルームで「うたたね会」@リビングルーム泉町 | ホーム | ラゾーナ川崎プラザ@川崎市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2186-9b1d8913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する