よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

彦根城博物館@彦根市金亀町

彦根城博物館@彦根市金亀町

DSCN1342.jpg

25202cc3290031910_1[1]


天守閣から入場口に戻ると、その脇に「彦根城博物館」が在る。
彦根城と共通の入場券を買えば両方を観られる。

パンフレットに拠れば、博物館は江戸時代までに彦根藩の政庁を司っていた表御殿を再建し、彦根市の市政50周年を記念して1987年2月に開館した。
表御殿を復元するにあたっては、発掘調査、絵図、明治時代初期の写真を参考ににし博物館としての機能も加味しながら復元した、とある。

鉄筋部分と木造部分で構成されているが、築後30近くを経て江戸時代の建造物の様に馴染んでいる。

DSCN1332.jpg

DSCN1333.jpg

DSCN1336.jpg

井伊家に伝わった歴代の甲冑、刀剣小道具、美術工芸品、能や茶器、古文書の展示等が展示されている。

300px-Hikone_Screen[1]

国宝『彦根屏風』が有名だが、毎年春に展示されるとのことだ。

表御殿の中央に占める能舞台は当時の唯一の遺構で、別の場所に移築されていたものを開館に合わせ再移築された。

DSCN1339.jpg

DSCN1338.jpg

DSCN1337.jpg

藩主が日常生活をいとなんだ「奥向き」は、御座の間や茶室・庭園が復元されていたが見事なものだ。

特に、彦根藩井伊家13代直弼(1815-60)は、江戸時代後期の代表的な大名茶人として知られている。彦根藩を率いる藩主として、幕政を統括する大老として政治の表舞台で活躍するとともに、茶の湯の研鑽に力を注ぎ、茶書の執筆や茶会の開催、弟子の育成、茶道具の制作などを精力的に行った。
直弼は、利休と石州をはじめとする先人の思想を丹念に紐解きながら、自らの茶の湯を育んだ茶人として知られ、所蔵品も多い。
『一期一会』は直弼の著書『茶湯一会集』巻頭に「一期一会」と表現したことにより、同じく茶道の重要な精神とされる「独座観念」とともに四字熟語の形で広まった。と云われる。

「彦根城博物館」の建物・庭・収蔵品等々、お城と一体となった展示内容など、水戸は多くを学ばなければと感じました。脱帽です。

  1. 2015/09/25(金) 20:20:52|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玄宮園 ~埋木舎 @彦根城址 | ホーム | 彦根市と彦根城 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2171-7ab6e4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する