よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旅館・静観荘とその周辺@奈良市東木辻町29

旅館・静観荘とその周辺@奈良市東木辻町29

IMG_5098.jpg


青春18切符で奈良行きを決め、奈良到着は夜になるから宿の手配が必要。
2013年12月、画家の武石尭さんの紹介で泊まった静観荘が思い浮かんだ。
連絡をとると2泊は可能とのこと、3泊目は別に考えることにして予約完了。

IMG_5100_20150918202645a40.jpg

旅館・静観荘はJR奈良駅から徒歩25分・近鉄奈良駅から徒歩15分位、通称奈良町と呼ばれるアーケード街を抜けた住宅地の一角にある。
大正から昭和にかけて建築された木造2階建て。

歴史を誇る奈良の街だから、古い建物は沢山あるが、中庭を有する旅館ながらかなりの低料金なので、外国人の旅行者が多い。
玄関の造りは桃山風。

IMG_5074.jpg

IMG_5081.jpg

庭石や燈籠、緑の庭に百日紅の赤い色が印象的だった。

IMG_5096.jpg

通りの反対側には「当麻曼荼羅と中将姫説話」の中将姫生誕の地とする「誕生寺」が在る。
古都には様々な歴史が隠されている。調べ始めたらきりがない。

IMG_5107.jpg

この辺りは「元興寺」の敷地の一角だった。
現存するのは「極楽房」と呼ばれる国宝の建物と寺宝。

DSCN1231.jpg

寺宝は「宝物館」に収蔵されている。
2013年に拝見したが国宝の五重塔小塔や庶民信仰の木造地蔵菩薩など資料が沢山保存されている。

DSCN1270.jpg

極楽房から離れた場所だが「小塔院跡」と云う小さな御堂も有る。
元興寺極楽坊にある国宝の五重の小塔は、かってこの小塔院に安置されていたとされる。

DSCN1272.jpg

御堂に繋がって住居が建っている。まあ、奈良らしい、といえる。

IMG_5090.jpg

如何にも日本旅館の「朝食」。
ご飯は御櫃で。
ご覧の様なおかず、ご飯を何回もお代わりしました。
  1. 2015/09/18(金) 20:34:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水戸城二の丸の発掘調査 | ホーム | 東大寺境内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2166-6cb799e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する