よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

友明堂・田中昭光さん@奈良市春日野町

友明堂・田中昭光さん@奈良市春日野町

DSCN1236.jpg

DSCN1235.jpg

DSCN1261.jpg

ひと頃は奈良と京都に年に数度通った。
古社寺や博物館や遺跡など、観たいものや行きたいところが沢山あった。
最近、歳や情熱や懐具合など諸々の理由で機会が減った。
とはいえ、行きたいと思うことはしばしば。
今回は2013年の12月以来、2年近くが経過している、

奈良に行けば必ず訪ねるのが博物館前の「奈良茶房・友明堂」。
開業して57年の老舗の古美術と抹茶の店。

DSCN1238.jpg

店頭には幾つかの壺や皿などが展示されている。


DSCN1242.jpg

DSCN1243.jpg


店内に花が生けられている。
店主の田中昭光さん自ら野の花を採取し、器を選び挿す。
花と器の写真集、『野の花を活ける茶花十二か月』(文化出版局,)、『無法庵花往来』(淡交社)はロングセラー。
お茶を喫することと共に、これらの花々を見るのも楽しみ。

DSCN1240.jpg

DSCN1241.jpg

季節のお菓子は手作りで葛餅。

友明堂

最近出版された『美術商が語る 思い出の数寄者』筒井紘一/編 淡交社刊
を戴いた。
全国各地を代表する古美術商14名の方々が筒井紘一氏が聞き手となり、この業界に携わることで出会った数寄者やコレクターなどの方との思い出話を中心に、美術に対する思いや古美術全般についてなど、貴重な話を聞いた対談集。
帰途の車中で読ませて頂いたが、感想は後日に記載を予定。

この日は、偶々2人の息子さんが在店していた。
長男・次男さんも店を継がれ、店主の田中昭光さんのお手伝い。
性格も異なるお二人と店主。
三人に交じっての骨董談義は愉しい時間で、1時間以上を経過し、お暇取りをかけてしまった。

博物館を観た後、友明堂のお茶とお花と会話。
これがあって、奈良に来たとの実感を味わう。
  1. 2015/09/17(木) 20:55:03|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東大寺境内 | ホーム | 白鳳展@奈良国立博物館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2164-48c741e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する