よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

歴史館まつり@茨城県立歴史館

歴史館まつり@茨城県立歴史館
8月22日(土)・23日(日)

DSCN0757.jpg

茨城県立歴史館で8月22日(土)・23日(日)の2日間「歴史館まつり」が開催された。
プログラムの一部は異なるようだ。


DSCN0742.jpg

DSCN0744.jpg

DSCN0746.jpg

DSCN0747.jpg

庭園では体験広場・フードコーナー・生産物販売・雑貨マーケットなどのテントによる屋台での販売など。

DSCN0754.jpg

歴史館名物のイチョウ並木、黄葉にはまだ早い。

DSCN0751.jpg

DSCN0750.jpg

立木にロープを張って、モンキーブリッジ(原始体験)。
ボーイスカウトによる運営。

常磐線沿いの蓮池。

DSCN0755.jpg

縄文蓮と云われる、大賀蓮が盛り。


館内の展示は

入り口には、「茨城県自然博物館」の出張展示、というかPRブース。
DSCN0752.jpg

「恐竜の糞の化石〉や「アンモナイトの化石」
「蝶の標本」など

「茨城の科学技術の歴史-科学万博-つくば’85開催30周年」

茨城では江戸時代中期頃より,蘭学から得た自然科学の知識を生かし,河口信任や原南陽,本間玄調などが,医療,医学教育の分野で活躍した。
日本最初の経緯線が記された日本地図をつくった長久保赤水。
和時計を発明した飯塚伊賀七,傘式地球儀を製作した沼尻墨僊など,科学技術の先駆者たちも輩出された。

*館内は全て撮影禁止だが、多くの博物館などでは個人所有を除き、フラッシュを使用しなければ撮影可の場所が増えている。未だにNGはどうなのか。

早いもので「科学万博-つくば’85」から30年。
開催に関する行政資料や万博キャラクター,記念品を展示。
開催当時の様子を紹介されている。
想い出せば懐かしいが、遠い過去のように思えた。

「一橋徳川家記念室」は陶磁器と硝子。

さすが、大名家の生活用具と思える陶磁器やガラス製品。
何度か展示されたのかもしれないが、僕は初めての物ばかりだった。

  1. 2015/08/22(土) 18:55:26|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西の谷からの便り | ホーム | パンヤ・クルート泉町店@水戸市泉町2丁目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yochan310.blog98.fc2.com/tb.php/2147-bfe711d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する